心の家路

AAの序文(旧訳)
A.A. Preamble (old translation)

ホーム > 書庫・資料置き場 > AA内部の文書 > AAの序文(旧訳)

2007/10/24 

A.A. Preamble (old translation)

AAの序文 (旧訳)

Alcoholics Anonymous is a fellowship of men and women who share their experience, strength and hope with each other that they may solve their common problem and help others to recover from alcoholism.
AA、アルコホーリクス・アノニマスは経験と力と希望を分かち合って共通の問題を解決し、他の人々もアルコール中毒から回復するように手助けしたい、という男女の仲間の集まりである。

The only requirement for membership is a desire to stop drinking.
AAのメンバーになるために要求されることは、酒をやめたい、という願望だけである。

There are no dues or fees for A.A. membership; we are self-supporting through our own contributions.
会費も月謝もいらない。われわれは、自分たちの献金だけで自立しているのである。

A.A. is not allied with any sect, denomination, politics, organization or institution; does not wish to engage in any controversy, neither endorses nor opposes any causes.
AAは、いかなる宗教、宗派、政党、組織または施設にも縛られていない。また、いかなる論争にも、それが支持・反対いずれの立場からのものであっても参加しない。

Our primary purpose is to stay sober and help other alcoholics to achieve sobriety
われわれの第一の目的は、飲まないで生きること(ソブラエティ)であり、他の人たちもソブラエティを達成するように手助けすることである。

Copyright © by The AA Grapevine, Inc. - Reprinted with permission of The A.A. Grapevine, Inc.
A.A.グレープバイン社の許可のもとに再録


AAの序文(ザ・プレアンブル)は、AAの国際機関誌 "AA Grapevine" の1947年6月号に初めて登場しました。その後AAの広まりとともに、AAを紹介する文章として使われるようになり、現在ではAAのミーティングの始まりに、この序文を読むのが慣わしになっています。

日本では、ここに掲げた旧訳が2000年まで使われました。2000年に行われたビッグブックの翻訳改定作業に伴って、この序文の訳も変更になりました。現在使用されている「AAの序文」はこちらのページにあります。

アルコホーリクス・アノニマス®は、経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し、ほかの人たちもアルコホリズムから回復するように手助けしたいという共同体である。AAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、飲酒をやめたいという願いだけである。会費もないし、料金を払う必要もない。私たちは自分たちの献金だけで自立している。AAはどのような宗教、宗派、政党、組織、団体にも縛られていない。また、どのような論争や運動にも参加せず、支持も反対もしない。私たちの本来の目的は、飲まないで生きていくことであり、ほかのアルコホーリクも飲まない生き方を達成するように手助けすることである。

Copyright © by The AA Grapevine, Inc. - Reprinted with permission of The A.A. Grapevine, Inc.
A.A.グレープバイン社の許可のもとに再録

アルコール中毒→アルコホリズム、アルコール中毒者→アルコホーリクと、用語が改まりました。


序文の元になったのは、ビッグブックの「初版によせて」の2ページ目の文章です。興味のある方は読み比べてみてください。

We are not an organization in the conventional sense of the word. There are no fees or dues whatsoever. The only requirement for membership is an honest desire to stop drinking. We are not allied with any particular faith, sect or denomination, nor do we oppose anyone. We simply wish to be helpful to those who are afflicted.

From "Alcoholics Anonymous" 4th ed. p.xiii-xiv, with permission of A.A. World Services, Inc.
AAワールド・サービス社の許可のもとに英語版『アルコホーリクス・アノニマス』第4版 xiii-xivページより収録。

われわれは、世間一般に言われている意味での組織(会)ではない。会費も月謝も、そういうものは一切ない。メンバーになるために要求される唯一のことは、酒をやめたい、という偽りのない望みである。われわれは、いかなる特定の信仰、宗派にも縛られていない。われわれはただ、苦しんでいる人たちを手助けしたい、と単純に願うだけである。

AAワールド・サービス社の許可のもとに『アルコホーリクス・アノニマス』日本語初版 12ページより収録。

私たちの集まりは世間一般で言われている意味の組織ではない。会費とか入会金のようなものは一切ない。メンバーになるために唯一必要なのは、飲酒をやめたいという心からの願いだけだ。私たちはどんな宗教、宗派にも所属しないし、どんな人にも反対しない。私たちは、苦しんでいる人たちの助けになりたいと願うだけである。

AAワールド・サービス社の許可のもとに『アルコホーリクス・アノニマス』翻訳改訂版 xviiiページより収録。


そもそも序文の原文は、二ヶ所改定されています。

1) honest (正直な)の削除

序文中のメンバーの資格は、現在では「飲酒をやめたいという願い(a desire to stop drinking)」ですが、序文ができた当時は「飲酒をやめたいという正直な願い(a honest desire to stop drinking)」となっていました。しかし、序文の後にできた12の伝統では、その3番が

伝統3:AAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、飲酒をやめたいという願いだけである。(Tradition Three: The only requirement for A.A. membership is a desire to stop drinking

となっており、正直という言葉は抜かれています。

1958年のアメリカ・カナダの年次評議会で、ある評議員から「序文から正直という言葉を削除する」提案が出され、審議の結果、何をもって正直な願いとするのか決めることはほぼ不可能という理由で、正直という言葉の削除が決まりました。

(実際の評議会勧告は、「伝統3において<願い>の前の<正直>が削除されたのは、AA共同体の進歩の一部であると考えられる。したがって、今後のAA出版物中にこの言葉を残すにあたっては慎重であるべきだ」となっており、序文やビッグブックの「正直な願い」を「願い」に変えるよう直接勧告したものではありません)。

2) 献金制の明文化

同時に、元は「AAには会費も料金もない(AA has no dues or fees)」だったものが、「会費もないし、料金を払う必要もない。私たちは自分たちの献金だけで自立している(There are no dues or fees for AA membership; we are self-supporting through our own contributions)」に同時に改められました。