2006年6月アーカイブ

余る税金、足りない税金

| コメント(1)

!道路特定財源、抜本改革は先送り
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20060628/K2006062705970.html
もともとは揮発油税(ガソリンに課されるガソリン税)、それから田中角栄が作った自動車重量税(車検時)と自動車取得税(買ったとき)などで、これは「道路を作るため」だけに使う税金として集められています。これだけで6兆円ぐらい。
が、現首相の公共事業削減の方針で造る道路が減り、年7千億円も余ることに。でも余ったからといって他に回せないのが特定財源。そこで一般財源にして他に回せるようにしようという話が「頓挫」しました。まあそこは政治であります。

でも道路は目的税だけで造っている訳じゃありません。同じぐらいの額が一般財源から回されています。その額を7千億円減らせば、一般財源で使えるお金が7千億円増えるわけなので、別に法律を変えなくても何とでもなると思うのですが、既得権益ってやつでしょうか。


!生活保護費を削減、母子加算の要件厳しく
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060625/K2006062404510.html
これは最初に「生活保護費を500億円減らす」という命題があって、理屈は後から考えたことでしょうね。母子加算を原則廃止なんてのは、女性がもっと職に就きやすい社会とか、働きだしたらすぐに保育園に子供を預けられる環境だとかを整備してからでないと、単なる弱者切り捨て策になってしまいます。
それにしても、「国民年金と生活保護を比べたら、生活保護のほうが高いから、低い方に合わせろ」と言う国会議員は何を考えているのやら。国民年金の支給額が「健康で文化的な最低限度の生活」を維持するに足りない額でしかないという事実には目がいかないわけです。年金だけでは食べていけないので、皆がしかたなく老後に備えて貯金をするのです。貯金ゼロでも65才にたどりつけば、あとは年金で食べていけることが担保されれば、景気が良くなって税収だって増えるでしょうに。

!コメントSPAMを避けるために仕掛けをしました。コメントが書けないという問題が発生しましたら、メールか掲示板で教えてください。

!Google に Sitemap という機能があって
http://www.google.com/webmasters/sitemaps/

グーグルが特定のサイトをどんな風に見ているかレポートを作ってもらうことが出来ます。

たとえば特徴的なキーワード。
「心の家路」のサイト全体を検索した結果、どのような言葉が特徴的なのか、順番に並べてみますと・・・

!という/アルコール/依存/症/グループ/url/自/ミーティング/ない/酒/病気/その/ので/新聞/時間/もの/html/ymra03/info/会場

「アルコール依存症」だとか「グループ・ミーティング」、「酒の病気」、「新聞」なんかのサイトであるとGoogleが思っている、ということでしょうか。
それにしても「その」とか「もの」がキーワードになってしまうところが、メリケン製検索エンジンたるところではないかと。

一方、外部から「心の家路」にリンクしてくださっている先で、どのようなキーワードとともに紹介されているか・・・。

!心の家路/ieji/org/ホーム/journey/homeward/spirit/ひいらぎさん/アル症系情報満載/homepage/ヤマアラシのジレンマ/アルコール依存症からの回復と自助グループの勧め/http/www/ゲシュタルトの祈り/自助グループのススメ/archive/html/アルコール依存症という病気/gestalt

まあ無難なところですね。

たまには更新

!年収400万円未満世帯の住宅ローン利用増
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20060612/K2006061103330.html
貧乏人は家を建てるなと言わんばかりですが、個人破産の多くが無理なローン計画によるものだという話もありました。

!労働法制見直し始動 一定年収で残業代なくす制度も提案
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060614/K2006061307670.html
「日本経団連は昨年、年収が400万円以上の従業員を労働時間規制の対象外にするよう提案」って、たしかそんな話があったなぁ。

ようするに家を建てたかったら、残業代なしの長時間労働しろってことでしょうか。そりゃ少子化にだってなりますよ。子供作る暇も、育てる暇もなくなっちゃうじゃないですか。少子化とか、過重労働で自殺増加とか、個人の責任だけじゃなくて、社会全体の問題ですよ。トップに立つ人たちはもう少し考えてもらわないと。

今の収益にこだわって賃金抑制をすれば、未来の労働者=お客様がいなくなって、労働力は相対高価に、市場は狭くなって、結局自分の首を絞めるだけなのに。
それともトップに立っているじいさん達は、20年後にはこの世にいないから、今が良ければいいのかも。

!ま、おいらはここ何年も残業代なんてもらってませんが。

ブログとは?

はたしてブログとは何でしょう?
少し調べてみると、Web log(ウェブ上の記録)という言葉が元になっているらしいです。
「ウェブ上で更新され続ける記録」というのが広い意味でのブログのようです。じゃあ、日記はブログなのかと言えば、広い意味では当てはまるのでしょう。掲示板はどうだというと、情報の発信側と受け手(コメントする側)が別れているのがブログで、対等な立場で情報をやりとりする掲示板はブログの範疇には入らないのだそうです。

Web logがWe blog(我々はブログする)に変化したという説もありました。
そもそもアメリカでブログが始まったときには、ネット上の事件だとか、社会のニュースなどに対して自分なりの意見を述べることが目的だったようで、個人的な事象を記録する日記のようなものはブログに含めないとする説もあります。

少し前のITmediaに「ブログで生計を立てようとした人が最後にはその計画を放棄した」という記事がありました。それとは別に、シェアウェアの登録代行をやっているVectorが、同社の少額決済の仕組みを利用して、有料のブログサービスを始めるという話もありました。

有料と言っても設置するのが有料というだけではなくて、読むのが有料ということです。つまりブログの読者になるのに金を払う必要があるということです。世の中には会員制の有料サイトというのがあるので、有料のブログがあってもおかしくはないでしょう。
しかし、世の中の会員制サイトの大半がアダルト情報だという気もします。はたしてアダルト・コンテンツでないブログを、金を出してまで読もうとする人がどれだけいるのか、まあお手並み拝見というところであります。

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10