Softbank vs. Willcom

ソフトバンクモバイルが順調に加入者をのばす一方、PHSのウィルコムは2ヶ月連続で2万以上の減少を続けています。

我が家も、子供がそろそろまともな携帯が欲しいと言い出したので、「安心だフォン」という通話先3カ所限定(自宅とパパとママ)のPHSから、ソフトバンクの携帯に買い換えました。ついでに、妻に貸していたPHSを取り返し、9月に買ったソフトバンク携帯を渡しました。
「安心だフォン」は解約、妻からPHSが返ってくれば手元の通信カードも不要になるので解約です。
というわけで、今年後半だけでソフトバンクは我が家から2契約ゲット、ウィルコムは2契約ロスです。

ソフトバンク携帯は、どちらもホワイトプラン980円+メール基本料315円+ユニバーサル7円=1,302円という契約です。端末の割賦料金が月々1,280円で、スパボの割引がほぼ同額ですので、全体の支払いはやはり千三百数十円×2台。

どうせ妻も娘もケータイなんかまともに使いません。出かけているのをつかまえようと電話をかけてみれば、置き忘れてこたつの中で鳴っているか、電池切れでつながらないかのどちらかです。月々の基本料金は安いに越したことありません。

問題は妻から返してもらったPHSをどう有効活用するか・・・。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10