2009年2月アーカイブ

女性のうつ病には"愛情"が予防の役割

女性は愛情によって憂うつな気分が消失することが多く、励ましとなる愛情関係が大うつ病を予防する盾となるが、男性には何ら役割を果たさないことが、米国精神医学会誌「Psychiatry」2月号に掲載された米バージニアコモンウェルス大学の研究で明らかになった。

同大精神医学および人類遺伝学教授のKenneth S. Kendler博士らは、男女の二卵性双生児の成人1,000組を対象として研究を行い、女性の方がその兄弟よりも、配偶者、親など親族から精神的に支えられていないと感じるほど、うつ病に陥りやすいことが判明した。

Kendler教授によると、女性の場合、社会的支持の有無がうつ病のリスクを予測する強い因子となっており、また自分自身が愛されていると感じており、客観的にみても確かな社会的集団に属していると思われる女性は、大うつ病の発症をうまく回避することができた。一方、男性にみる社会的支持の高さとうつ病のリスクとの間に何ら関係は認められなかった。このことは、男性はうつ病のリスクに関して、社会的環境という側面に対する「免疫」がついているか、感受性が低いことが示唆された。

これらの所見から、うつ病の因子には重要な性差があることが示唆されるとともに、女性には対人関係に満足感を求める傾向があるのに対し、男性にはそれが認められないことも明らかになった。ただしKendler教授は、これは男性が常に自分自身に対して満足していることを意味するものではなく、社会的孤立が健康に対して及ぼす悪影響については、逆に男性の方が女性よりも感受性が高いと指摘している。

(2005年2月9日/HealthDay News)
日ごろ拝見しているブログに丸ごと引用があったのですが、ソース(引用元)が掲示されていなかったので、探すのに苦労しました。HealthDayというアメリカの雑誌記事の翻訳がどこかに載ったのを、誰かがYahoo!掲示板に転載し、それを孫引きしたようです。

研究者の名前が出ていたので、論文のデータベースを探してみました。Kendler博士は、アルコール・コカイン・タバコなどの依存症や、DV、子供の虐待、性的放縦などについて、毎年たくさんの論文を発表している人なので、探すのも一苦労でした。

Sex differences in the relationship between social support and risk for major depression: a longitudinal study of opposite-sex twin pairs.
by Kendler KS, Myers J, Prescott CA.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15677587?ordinalpos=141&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

Department of Psychiatry, Medical College of Virginia, Virginia Commonwealth University, Richmond, VA 23298-0126, USA.

OBJECTIVE: Compared to men, women have larger and more intimate social networks and higher rates of major depression. Prior studies have suggested that women are more sensitive to the depressogenic effects of low social support, but most of these studies had substantial methodologic limitations.
METHOD: In two interview waves at least 1 year apart, 1,057 pairs of opposite-sex dizygotic twin pairs ascertained from a population-based register were assessed. The authors predicted risk of major depression in the year before the wave 2 interview from levels of social support assessed at wave 1.
RESULTS: Women reported higher levels of global social support than their twin brothers. Global social support at wave 1 predicted risk for major depression at wave 2 significantly more strongly in female than in male members of these pairs, and the same effect was seen when the analysis controlled for the history of major depression in the year prior to wave 1. Women were more sensitive than men to the depressogenic effects of low levels of social support, particularly from the co-twin, other relatives, parents, and spouses. Levels of social support did not explain the sex difference in risk for major depression.
CONCLUSIONS: Emotionally supportive social relationships are substantially more protective against major depression for women than for men. While these effects cannot explain sex effects on the prevalence of major depression, they do suggest important sex differences in pathways of risk. Clarification of the nature of the causal links between low social support and depression in women is needed.

摂食障害、うつ病、神経症、ボーダーなど様々な精神病の難治で困っていたのが、良いパートナーと出会うことで劇的に改善することがある、というのは精神科医に知られたことだそうです。もっとも症状が出まくりの状態で「良いパートナー」を見つけるのは至難の業という気もしますし、つかまえたのを逃がさないようにするのも、また大変なことであろうと思います。

離婚は環境に悪い?

離婚は地球環境をさらに悪化させる=豪上院議員
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-36674420090225

 [キャンベラ 24日 ロイター] オーストラリアのスティーブ・フィールディング上院議員は24日、議会の環境問題に関する公聴会で、離婚は地球の気候変動をさらに悪化させるだけだと発言した。

 AAP通信によると、フィールディング上院議員は、夫婦が別離することによってより多くの部屋や電気、水が必要になり、結果的に二酸化炭素排出量が増えるとの見方を示した。

 同議員は「(離婚という)社会問題があることを理解しているが、現在は環境面での影響もあることが分かっている」と発言。離婚による「資源非効率的なライフスタイル」を考慮すると、地球環境にとっては結婚生活を続ける方が良いと述べた。

 少数政党の家族第一党を率いるフィールディング議員のウェブサイトによると、同議員は16人の子どもがいる家庭で育ち、現在は結婚生活22年目だという。

そう言われてもなぁ・・・。独身は地球環境に悪いので、皆さん早く結婚しなさいってこと?

マンガでわかるメンヘル

| コメント(5)
が更新されていました。

マンガで分かる心療内科・精神科・カウンセリング
http://yucl.net/man/23.html
第十回 「認知症...あなたの知能は大丈夫?」




http://yucl.net/manga
第九回 「『うつ』って、うつるの?」
第八回 「あなたが『うつ』か、分かっちゃうクイズ」
第六回 「露出症の治療~どこからが病気?」
第五回 「周りの人が『うつ』になったら?」
第四回 「不眠って何ですか?」
第三回 「EDって何ですか?」
第二回 「うつって何ですか?」
第一回 「適応障害って何ですか?」

彼との出会いのきっかけは?




アルフィー君続報

アルフィー君の子供のDNA鑑定は、テレビのワイドショー生放送で公開されるようです。

Schoolboy father: Alfie Patten may open DNA test results on live television
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/4680496/Schoolboy-father-Alfie-Patten-may-open-DNA-test-results-on-live-television.html
エキサイト翻訳

父親候補が8人現れた事に対して、少女は「私が寝たのはアルフィーだけ」と主張しています。父親を主張する少年の一人は「男たちが彼女のベッドに泊まるのは普通のことだった」と述べています。

英国の最年少父親記録は12才。これは以前半年で彼女と別れたと伝えられていましたが、さらに20才になった彼が服役中であることが暴かれています。別れた彼女のほうは、現在幸せな結婚をしており「彼とも会っていないし、息子がどうなっているかも知らない」そうです。

The boy who became a father at 12 and now calls a jail cell home
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1151484/The-boy-father-12-calls-jail-cell-home.html
エキサイト翻訳

一方、13才で母親になった少女は、勉強を続けてGCSEs(日本の大検に相当?)に合格し、ダンスの教師を目指しており、成人した父親は事業を始めたとか。

After the case of baby-faced Alfie: The girl pregnant at 13 who got a hatful of exams and a place at university
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1151482/After-case-baby-faced-Alfie-The-girl-pregnant-13-got-hatful-exams-place-university.html
エキサイト翻訳

ただしこちらは中産階級の生まれ。

一連の記事から浮かび上がってくるのは、英国の生活保護あるいは低所得(で妙に子だくさん)の家に生まれ育った子供たちが、自分が十代で子供を作ることで、親から独立して政府の補助金で暮らしていこうとする姿です。

Rebecca の「十代の妊娠には皆が偏見を持っている」や「私はカウンシルハウス(公営住宅)で補助金で暮らすのが目当てだったわけじゃないわ」という言葉からは、低所得者層とは違うという中流の階級意識を感じます。

「貧困の解決こそ最高の福祉政策」ということかも。

北京のゲイパレード

| コメント(1)
網易新聞:
同性恋情侣北京前门大街拍婚纱照
http://news.163.com/09/0216/07/528P59VT00011229.html

北京の前門大街で、男性同士、女性同士、それぞれの同性愛カップルがウェディングドレス姿でパレードして、同性愛への理解を求めました。













見目麗しいカップルを選んだのでしょうか。

ところで、13才の父親 の続報ですが、他にも「俺が父親だ」という少年が二人(16才と14才)現れ、DNA鑑定をすることになったようです。

So who IS the daddy? Alfie, 13, to take DNA test as two other youths emerge as possible fathers of baby Maisie
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1146072/So-IS-daddy-Alfie-13-DNA-test-youths-emerge-possible-fathers-baby-Maisie.html

16才の少年は、彼女が妊娠したころ少なくとも3回はセックスしたこと、「友達はみんな俺の子だって言うんだ、目が似てるってな。ママもそう言うんだ」と証言。14才の少年は「9ヶ月前に彼女と寝た」と言いつつ「僕の子じゃないことを願っている」とも。
このほかにも父親候補は6人だそうで。
若さゆえ?に出だしから危なっかしいカップルであります。

コアラ救出さる

| コメント(4)

オーストラリアの山火事は大変だったようですが、そのさなか両前足に火傷を負ったコアラがボランティアの消防士に救出されるドラマがありました。



同僚の消防士が携帯電話で撮影したビデオ。

一生懸命PETボトルから水を飲み、消防士の手をつかむコアラがかわいいです。
現在このコアラ♀は、同じく山火事から救出されたコアラ♂とともに、火傷の治療を受けているそうです。

Koala love tale provides relief
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/article2227862.ece

少子化対策PT詳報:未婚者増加の要因分析 「婚活支援」「コミュニケーション教育」必要
http://mainichi.jp/life/edu/child/archive/news/2009/02/20090211mog00m040021000c.html
魚拓1 魚拓2 魚拓3

男性のモテる条件は「3高」から「3低」へ

三浦氏は、若年層への調査から、現代の「モテる男女」「モテない男女」のプロフィールを紹介。男性のモテる条件は、かつての「3高」(高学歴、高収入、高身長)から「3低」(低リスク、低依存、低姿勢)へと変わり、「空気が読める」といったコミュニケーション能力や共感能力に重点が移っていることを説明した。また、「男性は女性に『やさしさ』を求めるが、現実に自分を『やさしい』と思っている女性は少ない」「女性は趣味において『上流志向(クラシック音楽を聞く、など)』だが、男性はむしろ『下流志向(ゲーム、B級グルメなど)』なので話が合わない」など、男女双方の要求がミスマッチを起こしていることを指摘した。

「せめて『婚活』は恥ずかしくないという人がふえてほしい」 佐藤博樹PTメンバー(東京大学社会科学研究所教授)

「コミュニケーション力を、とくに男子に早期教育していく必要がある」 安藤哲也PTメンバー(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)
アル中でうつ病だからリスクは高いし、依存心も大きいし・・せめて低姿勢を保つ努力をするぐらいしかないんじゃないのか。ゲームはもともとしないけど(CR兄貴を見習って)美術館に行くとか、B級グルメじゃなくてスィーツを食べに行くとか・・・。

13才の父親

| コメント(4)
Baby-faced boy Alfie Patten is father at 13
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/article2233878.ece


Caring ... Alfie bottle feeds his little daughter

13才の少年アルフィーの子供を産んだのは、15才のガールフレンドのシャンテル。
身長4フィート(120cm)の彼の収入は、父親がときおり気まぐれにくれる10ポンドのお小遣いだけ。

少女が胃痛で診察を受け、そのとき医者は「二人はセックスしているのか?」と尋ね、検査すると妊娠12週であることが判明。医者は両親に伝えると言ったものの、少年は自分が伝えるとこれを拒否。しかし「ママに見つかったら大変なことになると思って黙ってた」おかげで、6週間経過します。
少女の母親がTシャツを買ってあげようとしたときに、お腹が大きくなっていて発覚。

少年の両親は離婚していて、父親は車の修理工。少女の両親は離婚していないものの、公営住宅で給付金で暮らす日々。両親たちがネタをメディアに切り売りするせいで、ますます騒ぎが大きくなっているようです。

少年にとってはこれが初めてのセックスだったそうです。射精さえあれば7才でも相手を妊娠させることが可能だとか。避妊しなければ何が起こるかは理解していなかった様子です。

ちなみに、イギリスの最年少記録は12才で父親になったSean Stewart。相手は隣家の15才の少女。ただし二人は6ヶ月後に別れてしまったそうです。

まい泉

| コメント(1)
バレンタイン:ハート形のヒレかつバーガーでライバルに"勝つ"!?
http://mainichi.jp/life/love/news/20090209mog00m100032000c.html (魚拓)

記事にする前にバンアレン帯を過ぎてしまいました。
まい泉は長野では東急の中にあるだけで、松本にも諏訪にもありません。

人の不幸は蜜の味

| コメント(1)
他人の不幸 科学的にも蜜の味だった
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090213/scn0902130740000-n1.htm

 他人の成功や長所を妬(ねた)んだり、他人の不幸を喜んだりする感情にかかわる脳内のメカニズムが、放射線医学総合研究所や東京医科歯科大、日本医科大、慶応大の共同研究でわかった。妬ましい人物に不幸が訪れると、報酬を受けたときの心地よさにかかわる脳の部位が働くという。13日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 研究チームは、健康な大学生の男女19人にシナリオを渡して平凡な主人公になりきってもらい、ほかの登場人物に対する脳の反応を磁気共鳴画像装置(fMRI)で調べた。主人公は志望企業に就職できず、賃貸アパートに住みながら中古の自動車を所有するという設定。大企業に就職し、高級外車を乗り回す「妬ましい」人物が登場すると、身体の痛みにかかわるの「前部帯状回」という脳の部位が活発化した。自分と同じく平凡な人生を歩んでいる登場人物には、この活発化が見られなかった。

 次に「妬ましい」人物を襲った「会社の経営危機」や「自動車のトラブル」などの不幸を示したところ、報酬を受け取ったときの心地よさにかかわる「線条体」が強く反応。この反応は、平凡な友人の不幸では見られなかった。また、妬みの感情が強いほど、不幸が訪れたときの反応が活発だった。

 放医研の高橋英彦主任研究員は「線条体はおいしいものを食べたときにも働くことが知られる。他人の不幸は文字通り"みつの味"のようだ」と話している。
「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」脳の場所特定 放射線医研
http://www.asahi.com/science/update/0212/TKY200902120302.html

 人をねたむ感情と人の不幸を喜ぶ感情をつかさどる脳の場所がそれぞれ特定され、二つの感情は密接に関係していた――。物語を読ませて被験者の感情を引き起こし、機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で調べた。放射線医学総合研究所などのグループが、13日付の米科学誌サイエンスに発表する。

 高橋英彦主任研究員らは、大学4年の男女19人に感情を引き起こす物語を読んでもらった。物語には、被験者に加え、ABCという3人の学生が登場する。被験者と同性のAは、進路や人生の目標がほぼ一緒のライバルだが、成績優秀で裕福、異性にもてる。Bは異性で優秀だが、進路や目標は重なっていない。Cは異性で普通の成績で進路は関係ないという設定だ。

 物語を読んだ後に、学生ABCに対するねたみの感情を6段階で答えてもらい、脳の血流の変化をみた。ねたみの感情はA、B、Cの順に高く、身体的な痛みや葛藤(かっとう)などを処理する脳の前部帯状回が働いていることがわかった。

 次に、最もねたましいAとねたましくないCに、不幸が起こる続編を提示。Cには起きなかったうれしい気持ちがAには中程度示された。このとき、脳の線条体が活発に動いた。この領域は、社会的、金銭的な報酬を得たときに活動することがわかっている。

 また、ねたみにかかわる脳の領域の活動が高い人ほど、他人の不幸を喜ぶ領域で反応が強く出た。

 柿木隆介・生理学研究所教授は「ねたみと他人の不幸に対する自己満足は、深い関係があることを示した興味深い結果だ」と話している。(佐藤久恵)

酒類別アルコール消費量

| コメント(1)

alchol-comsump-type.gif

純アルコール消費量のグラフを、酒類別に色塗りしてみました。
酒類ごとの平均アルコール度数は発表がないので、適当な数字を使いました。
清酒(合成清酒)15%、しょうちゅう20%、ビールと発泡酒5%、リキュール類15%、雑種15%、ウィスキー類37%、みりん14%、果樹酒類12%、スピリッツ類37%。

どうして純アルコールに換算するかというと、清酒一合とビール大瓶一本がほぼ同じアルコール量なのに、容量が3倍も違ったりするからです。

1980年代以降にリキュール類が増えているのは、缶チューハイの登場。
一度増えた発泡酒が減りだしたのは増税のせい。
雑酒には「第3のビール」が含まれます。これはエンドウ豆とかが原料のヤツ。
同じ「第3のビール」でも、ビールにアルコールを足したいわゆる「第4のビール」はリキュール類に分類されます。

日本人は安酒をたくさん飲むようになったことが見てとれます。

修行不足?

二次元の女と三次元の女、見つめたいのはどっち?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0902/12/news017.html

あるデザイン専門学校でヌードデッサンの授業をしていると、「気分が悪い」と退室する学生が何人も出たという。二次元のヌード絵は良くて、生身の女性の裸がダメなのはなぜか? その理由を考察。

 ある日のデザイン専門学校での授業。1年生必修のヌードクロッキーがデッサンのテーマだ。女性のモデルさんが裸でポーズを取った。すると、しばらくして「気分が悪い」と退室する学生が何人も出たという。どうしてなのか? 緊張感からだろうか?

 教官によるとそれだけではないという。アニメコースに入学する学生は、毎日のように女の子の絵を描いている。ヌードもたくさん描く。だからヌードに緊張したというだけでは説明がつかない。

 教官は教えてくれた。アニメ作家志望の彼らには"理想的な女の子"が頭にインプットされている。画面からはみ出すほど長い脚や、ほっそりとした腰の女体。ところがナマの女体はそれとは違う。(鍛えているとはいえ)モデルには脂肪もあれば、シワもあるし、毛もある。三次元のモデルの肉体には、二次元アニメでは省かれがちなそういった"ノイズ"が過剰にある。そのため、ナマの肉体と理想的な女の子とのギャップに耐えきれず、気分を悪くして退室するというのだ。
修行が足りんな。

バレンタインデー襲撃予告

| コメント(1)
[AP] インドの急進派グループ、「バレンタインデーを祝う者は攻撃する」と警告
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2567517/3753380

【2月5日 AFP】インド・ヒンズー教徒の急進派グループ「Sri Ram Sena」は、道徳向上キャンペーンの一環として、来る14日にバレンタインデー(Valentine's Day)を祝うカップルは例外なく襲撃すると警告している。3日のタイムズ・オブ・インディア(Times of India)紙が報じた。

同団体の活動家らは前月末、南部マンガロール(Mangalore)のバーに押し入り、「ふらちに振る舞っている」として複数の女性客に暴力を振るった。

 彼らが現在目を光らせているのは、14日のバレンタインデーだ。同団体は、バレンタインデーを祝う行為は「反インド的」であり品行不良を招く結果にもなると警告している。同紙に対し、団体創始者のプラモド・ムタリク(Pramod Mutalik)氏は「バレンタインデーのいかなる祝福をもわれわれは容認しない」と語り、ある幹部は「われわれは警告を無視した者を必ず攻撃する」と断言した。

 同団体は「インド文化の守護者」を掲げており、女性の品行、異教徒間の恋愛、改宗、「西洋化」と認められる事柄などを攻撃の対象にしている。また、今回バーで攻撃した女性たちを「正しい道に戻す必要があった」と主張している。
しかしNEU!さんは、いったいどこからこういう記事を見つけてくるのでしょう?

日本人のアルコール消費量

| コメント(1)

国税庁が酒類別に消費量を発表しているので、それにアルコール度数をかけ、総アルコール消費量を計算してグラフにしてみました。

横軸は年で1947~2007年度。
縦軸は総アルコール消費量で、単位は千キロリットル。
バブル崩壊後、ちょっと減った時期もありましたが、ほぼ一貫して増え続けています。特にここ数年は大きく伸びています。

国民の総アルコール消費量と、その国のアルコール依存症者数は、比例することが知られています。

消費量が増えたからといって、すぐに依存症者が増えるわけではありません(病気になるには何年か飲み続ける必要がありますから)。でも、このデータを見る限り、日本人の飲酒量は減っておらず、増えております。

当然アルコール依存症者も増えていることが予想されます。

(酒類別のアルコール度数を変更したため、グラフも更新しました)

余計な心配?

仙台2施設「自立」ゼロ ひかりあれ東北
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/02/20090207t13018.htm

仙台市のアルコール依存症者更生施設「ひかりあれ東北」(若林区)と「ひかりあれ東北青葉」(青葉区)の入所者通帳管理問題で、両施設が開所した2007年10月以降、計60人を超す入所者のうち市から「自立した」と認定された人は1人もいないことが6日、分かった。

市は入所者に生活保護費を給付し、依存症から抜け出て自立すれば給付を廃止する。立ち直りとは逆に、施設から失踪(しっそう)するなどした人も廃止する。
市が給付を廃止した入所者は14人に上る。内訳は失踪が9人、親類宅などへの転出が5人。自立とみなされた人はゼロで、両施設が更生施設として機能していない可能性がある。
転出者5人のうち4人は転出先に到着する前に行方が分からなくなり、市が所在を確認しているのは1人にとどまる。
元入居者の60代の男性は「自立しようとしても施設から止められるので無断で逃げ出した」と証言している。
那覇市は07年、市内の「ひかりあれ琉球」などの関連施設側に対し「入所者の自立につながっていない」などとして行政指導している。
若林区保健福祉センターは「開所してまだ1年数カ月間で、施設運営の適否は現時点で判断できない」と言う。青葉区保健福祉センターは「同種の施設でも自立につながるケースは少ない。失踪が多いとも考えていない」と話している。
ひかりあれ東北青葉の関係者は「ノーコメント」としている。

「ひかりあれ」ではない他の施設では、収入は入所者からの入所費、行政からの助成金、それから退所した人たちが後々送ってくれる寄付金も少なくないそうです。
しかし、退所する人が経済的に自立していかないのであれば、施設は収入の大きな柱を一つ失ってしまいます。

あなたの小鳥怪死体

| コメント(1)
何かと話題になっている日本漢字能力検定協会。
そこにかな漢字変換のミス・コンテストがあります。
https://www.challenge-net.jp/henkan/

毎月行われていますが、毎年秋に年間賞が選ばれます。

 第1回年間変漢賞
 http://www.kanken.or.jp/henkan/happyou.html
 第2回年間変漢賞
 http://www.kanken.or.jp/henkan/2happyou.html 
 第3回年間変漢賞
 http://www.kanken.or.jp/henkan/3happyou.html

中学生の朝食と性交開始年齢

| コメント(1)

「朝食を食べない中学生ほど、その後の「初体験」の経験年齢が低くなる」
これについて調査した本人のDr.北村がコラムに書いています。

Dr.北村 ただ今診察中:第170話 朝食と性交開始年齢、どう関連?
http://mainichi.jp/life/love/news/20090205org00m100016000c.html
http://s01.megalodon.jp/2009-0206-1626-05/mainichi.jp/life/love/news/20090205org00m100016000c.html

早く「経験」したいので、朝食を食べないことに決めた中学生がいるのには笑ってしまいました。

Dr.北村は、性交開始年齢が早まったのは親のせい、という結論を避けていますが、ふつーに考えればそうでしょう。僕も女の子二人の親なので気になるわけであります。

Movable Type 始めました

| コメント(2)
いままで Nicky! のお世話になってきましたが、Movable Type に鞍替えすることにしました。
さくらの共用サーバーでMTを動かすとずいぶん遅いので、コメント投稿時にずいぶんお待たせすることになりそうです。
でも、いままでのように「コメントが消えちゃった」ということはおそらくないと思います。
これからもヤマアラシをよろしくお願いします。
Webmaster軽薄

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10