女性のうつ病には"愛情"が予防の役割

女性のうつ病には"愛情"が予防の役割

女性は愛情によって憂うつな気分が消失することが多く、励ましとなる愛情関係が大うつ病を予防する盾となるが、男性には何ら役割を果たさないことが、米国精神医学会誌「Psychiatry」2月号に掲載された米バージニアコモンウェルス大学の研究で明らかになった。

同大精神医学および人類遺伝学教授のKenneth S. Kendler博士らは、男女の二卵性双生児の成人1,000組を対象として研究を行い、女性の方がその兄弟よりも、配偶者、親など親族から精神的に支えられていないと感じるほど、うつ病に陥りやすいことが判明した。

Kendler教授によると、女性の場合、社会的支持の有無がうつ病のリスクを予測する強い因子となっており、また自分自身が愛されていると感じており、客観的にみても確かな社会的集団に属していると思われる女性は、大うつ病の発症をうまく回避することができた。一方、男性にみる社会的支持の高さとうつ病のリスクとの間に何ら関係は認められなかった。このことは、男性はうつ病のリスクに関して、社会的環境という側面に対する「免疫」がついているか、感受性が低いことが示唆された。

これらの所見から、うつ病の因子には重要な性差があることが示唆されるとともに、女性には対人関係に満足感を求める傾向があるのに対し、男性にはそれが認められないことも明らかになった。ただしKendler教授は、これは男性が常に自分自身に対して満足していることを意味するものではなく、社会的孤立が健康に対して及ぼす悪影響については、逆に男性の方が女性よりも感受性が高いと指摘している。

(2005年2月9日/HealthDay News)
日ごろ拝見しているブログに丸ごと引用があったのですが、ソース(引用元)が掲示されていなかったので、探すのに苦労しました。HealthDayというアメリカの雑誌記事の翻訳がどこかに載ったのを、誰かがYahoo!掲示板に転載し、それを孫引きしたようです。

研究者の名前が出ていたので、論文のデータベースを探してみました。Kendler博士は、アルコール・コカイン・タバコなどの依存症や、DV、子供の虐待、性的放縦などについて、毎年たくさんの論文を発表している人なので、探すのも一苦労でした。

Sex differences in the relationship between social support and risk for major depression: a longitudinal study of opposite-sex twin pairs.
by Kendler KS, Myers J, Prescott CA.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15677587?ordinalpos=141&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

Department of Psychiatry, Medical College of Virginia, Virginia Commonwealth University, Richmond, VA 23298-0126, USA.

OBJECTIVE: Compared to men, women have larger and more intimate social networks and higher rates of major depression. Prior studies have suggested that women are more sensitive to the depressogenic effects of low social support, but most of these studies had substantial methodologic limitations.
METHOD: In two interview waves at least 1 year apart, 1,057 pairs of opposite-sex dizygotic twin pairs ascertained from a population-based register were assessed. The authors predicted risk of major depression in the year before the wave 2 interview from levels of social support assessed at wave 1.
RESULTS: Women reported higher levels of global social support than their twin brothers. Global social support at wave 1 predicted risk for major depression at wave 2 significantly more strongly in female than in male members of these pairs, and the same effect was seen when the analysis controlled for the history of major depression in the year prior to wave 1. Women were more sensitive than men to the depressogenic effects of low levels of social support, particularly from the co-twin, other relatives, parents, and spouses. Levels of social support did not explain the sex difference in risk for major depression.
CONCLUSIONS: Emotionally supportive social relationships are substantially more protective against major depression for women than for men. While these effects cannot explain sex effects on the prevalence of major depression, they do suggest important sex differences in pathways of risk. Clarification of the nature of the causal links between low social support and depression in women is needed.

摂食障害、うつ病、神経症、ボーダーなど様々な精神病の難治で困っていたのが、良いパートナーと出会うことで劇的に改善することがある、というのは精神科医に知られたことだそうです。もっとも症状が出まくりの状態で「良いパートナー」を見つけるのは至難の業という気もしますし、つかまえたのを逃がさないようにするのも、また大変なことであろうと思います。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10