アルフィー君は父親ではなかった

13才の父親アルフィー君のさらなる続報です。

DNA鑑定の結果、アルフィー君は父親ではなく、真の父親は別の14才の少年タイラー君でした。
タイラー君は少女シャンティの誘いを何度か退けたものの、最終的に酒を飲んで彼女と一夜を共にし、童貞を失いました。その時避妊はしなかったものの、彼女が翌朝ピルを飲むという言葉を信じていたそうです。

アルフィー君の場合は、少女から「あなたは私の唯一のボーイフレンドで処女を捧げた人」という言葉を聞かされていたおかげでしょうか、父親になることに前向きな姿勢でした。しかし、真の父親タイラー君は、自分が父親である真実にメゲメゲのご様子です。

地元の裁判所や州議会が報道を禁止していたものの、噂が大きくなりすぎたために真実の報道に踏み切ったという事情のようです。

The regrets of Tyler Barker, the boy revealed to be the real father in the Alfie Patten case
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1184293/The-regrets-boy-revealed-real-father-Alfie-Patten-case.html
エキサイト翻訳

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10