太るからうつ?うつだから太る?

多くの中年女性にうつ病と肥満が併存
http://www.e-expo.net/world/2008/01/post_62.html

中年女性では、肥満とうつ病が併存することが、米国の研究で明らかになった。研究では、健康プランに登録した40~65歳の女性4,641人を対象に、身長、体重、食事や運動の習慣、自分の体形に対する満足度などの情報を収集。また被験者は、うつ症状の評価に用いられる質問(PHQ)に回答した。

その結果、臨床的にうつ病を有する女性では、肥満(BMI:ボディ・マス・インデックスが30以上)の頻度が2倍以上高く、肥満女性ではうつ病の頻度が2倍以上高いことが明らかになった。

また、BMI30以上の女性は運動量が最も少なく、体形に対する満足度が最も貧困であり、BMI30未満の女性よりカロリー摂取量が20%多かった。肥満とうつ病の関連性は、婚姻状況、教育、喫煙、抗うつ薬の使用などの要因を考慮しても変わらなかった。

研究著者でGroup Health Cooperative(シアトル)精神科医のGregory Simon博士は、うつ病と肥満には相互に関連性があるとし、「体重が増加するとうつ病になりやすくなり、また、うつ病になると減量がより困難になる」と述べている。

過体重を恥辱だと思うことが自尊心を傷つけ、減量の意欲を失わせてしまう。Simon氏は「これら中年女性は無知ではない。希望がもてないだけだ。肥満女性が自尊心を取り戻すためには、体重を減らすことが助けになる」と助言している。研究結果は、医学誌「General Hospital Psychiatry」1/2月号に掲載された。(HealthDay News 1月14日)

General Hospital Psychiatry:
Association between obesity and depression in middle-aged women
http://www.ghpjournal.com/article/S0163-8343(07)00184-3/abstract

Gregory E. Simon, M.D., M.P.H.aCorresponding Author Information, Evette J. Ludman, Ph.D.a, Jennifer A. Linde, Ph.D.b, Belinda H. Operskalski, M.P.H.a, Laura Ichikawa, M.S.a, Paul Rohde, Ph.D.c, Emily A. Finch, M.A.b, Robert W. Jeffery, Ph.D.b
Received 27 April 2007; accepted 1 September 2007.


Abstract

Objective

Evaluate the association between obesity and depression among middle-aged women.

Methods

A total of 4641 female health plan enrollees aged 40-65 years completed a structured telephone interview including self-reported height and weight, the Patient Health Questionnaire (PHQ) assessment of depression; a brief measure of rate was 62%.

Results

Prevalence of moderate or severe depression increased from 6.5% among those with body mass index (BMI) under 25 to 25.9% among those with BMI over 35. Prevalence of obesity increased from 25.4% among those with no depressive symptoms to 57.8% among those with moderate to severe depression. Independent of obesity, depression was associated with significant reductions in frequency of moderate (4.6 vs. 5.4 times per week) or vigorous (2.8 vs. 3.7 times per week) physical activity. Depression was associated with significantly higher daily caloric intake (1831 vs. 1543) among those with BMI over 30.

Conclusions

Among middle-aged women, depression is strongly and consistently associated with obesity, lower physical activity and (among the obese) higher caloric intake. Public health approaches to reducing the burden of obesity or depression must consider the strong association between these two common conditions.

Keywords: Obesity, Depression, Middle-aged women

いつもネタをひろってくる便利なブログから。
経験的に、精神状態の悪い人は太っていて、太っている人は精神状態が悪い、という傾向は確かにあるようです。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10