2010年2月28日 AKKセミナー 井上ウィマラ&葛西賢太

AKK特別セミナー
ゆるし、和解、平安
回復への気づき(スピリチュアリティ)

特別講師
井上ウィマラ
 高野山大学スピリチュアルケア学科准教授
葛西賢太
 宗教情報センター研究員

アディクション問題の解決に"スピリチュアリティ"はどう働くのか?
心と取り組んできた二人の学者が、スピリチュアリティ〈気づき〉を正面から語ります。

2010年2月28日(日)PM1:00~5:00
場所 全専売会館 東京都港区芝5丁目26-30
参加費 会員前売り2,000円、一般前売り2,500円、当日3,000円
主催:アディクション問題を考える会(AKK) お問い合わせ:03-3329-0130
※このプログラムはオラクル助成金事業です

心と取リ組んできた二人の学者が、「スピリチュアリティ」を正面から語ります。
アディクション問題に取り組んでいると、スピリチュアリティという言葉をよく耳にします。回復の鍵になっているようなのに誰もちゃんと教えてくれない。スピリチュアリティは変な宗教のようなものではなくて、気づきや目覚めを見守る息づかいです。また、それを見守る器を育てること、持つことです。宗教と心理学に詳しい二人と一緒にアディクション問題からの回復を、これまで日本では重んじられなかった視点から考えていきませんか。

セミナー概要

プログラム

●特別講師によるインタビュー
―依存症当事者と家族と援助者とが一緒にいること
●各特別講師レクチャー
●瞑想セツション
●Q&Aコーナー
会場案内

全専売会館
東京都港区芝5丁目26-30
各地下鉄「三田駅」より徒歩4分
JR「田町駅」三田口(西口)より徒歩5分
特別講師

井上ウィマラ
瞑想ファシリテーター

1959年生、京都大学文学部哲学科宗教哲学専攻中退、曹洞宗とミャンマーのテーラワーダ仏教で出家して瞑想修行。
カナダ・イギリス・アメリカで瞑想指導。バリー仏教研究所を量後に還俗。現在、高野山大学スピリチュアルケア学科准教授。
主な著書に「心を開く瞑想レッスン」「呼吸を感じるエクササイズ」
「呼吸による気づきの教え」「人生で大切な5つの仕事」
ホームページ/http://blog.sq-life.jp/vimala/

葛西賢太
宗教学者

1966年生、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、現在宗教情報センター研究員、駒沢大学非常勤講師、博士(文学)。
アルコール依存症当事者による自助団体の実情やその影響などについて、フィールドワークをもとにした社会学的な研究を精力的に行う。
主な著書に「スピリチュアリティを使う人々」「断酒が作り出す共同性」
ホームページ/http://ktkasai.cocolog-nifty.com/figurehead/

申し込み方法

AKK事務局に、電話、FAX,メールのいずれかでお申込み下さい。
その上で郵便局にある郵便振替用紙の通信欄に住所・電話番号・氏名を明記の上、下記振込み先に参加費をお振込みください。尚、振り込まれた代金はご返金できません。当日、振込み用紙の「受領証」が入場券となりますのでご持参ください。

振込先:郵便振替口座 00120-0-663909
加入者名:アディクション問題を考える会
お問い合わせ
AKK(アディクション問題を考える会)
TEL/FAX 03-3329-0130
住所/〒156-0057 東京都世田谷区上北沢4-30-10 上北沢第2コーポラス306
メールアドレス/email@akk-jp.asia
ホームページ/http://www.akk-jp.asia/

葛西先生がPDFを掲載してくださいました。
http://ktkasai.cocolog-nifty.com/figurehead/files/akk_20090228.pdf

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10