3/11,3/20(奈良)アディクションセミナー

奈良県委託事業
アディクションセミナー 依存者の回復支援に取り組む
第2回(全3回)

何かにはまる人、周囲にいませんか? 薬物、酒、ギャンブル、仕事、買い物、自傷行為、共依存、・・。「止めようとしても止められない・・・」これって病気?「健康や家庭がこわれてもまだ止められない・・・」これはもう依存症?!本人や家族から相談を受けたり支援している専門職の方、法律に関わる分野での職種の方、どうしたらよいか悩んでいるご家族の方、回復をめざして歩んでいる方やそのご家族・・一緒に考えてみませんか。

主催 奈良ダルク研修センター
共催 奈良弁護士会
場所 奈良弁護士会館奈良市中筋町22-1
日時 平成22年3月11日(木)10:00~17:00
参加費 無料 申し込み不要

日本における依存症回復プログラム
講師 松本俊彦さん
国立精神・神経センター精神保健研究所 自殺予防総合対策センター/精神保健計画部自殺実態分析室長(併任)薬物依存研究部診断治療開発研究室長

治療共同体プログラムワークショップ
講師 引土絵未さん
精神保健福祉士 奈良ダルクプログラムスタッフ 同志社大学大学院
2006年より数度にわたりアメリカ治療共同体アミティにてフィールドワークを実施
講師 近藤京子さん
2009年より約8ヵ月間スペイン治療共同体プロジェクトオンブレにてインターンを実施



奈良県委託事業
アディクションセミナー 依存者の回復支援に取り組む
第3回(全3回)

主催 奈良ダルク研修センター
共催 奈良弁護士会
場所 奈良弁護士会館奈良市中筋町22-1
日時 平成22年3月20日(土)12:00~17:00
参加費 無料 申し込み不要

司法と依存症
講師 石塚伸一さん
龍谷大学矯正・保護研究センター教授弁護士
1954年6月生まれ束京都出身
中央大学大学院法学研究科博士後期課程退学
 法学士[中央大学]、法学修士(同)、博士(法学)[九州大学]
主な活動
『刑法政策のパラダイム転換』(現代人文社)
『社会的法治国家と刑事立法政策一ドイツ統一と刑事政策学のゆくえ一』(信山社)
『国際的視野から見た終身刑』(監修・成文堂)
『日本ドラッグ・コート』(編集・日本評論社)
日本刑法学会所属、日本犯罪社会学会理事など
日本におけるドラッグ・コート(米国薬物事犯特別司法プログラム)研究者

依存症からの回復
講師 日本ダルク本部 近藤恒夫
日本ダルク本部代表
奈良ダルク研修センター所長
APARI(アジア太平洋アディクション研究所)理事長
医療法人社団APARIクリニック常務理事
1995年『東京弁護士会人権賞』受賞
2001年『吉川英治文化賞』受賞
2006年『矯正局東京管区長賞』受賞
・厚生科学研究班『薬物依存・中毒者のアフターケアに関する研究』分担研究員
・現在、法務省『薬物事犯受刑者処遇研究会』に民間有識者の立場で参加

問い合わせ
奈良ダルク 0745-22-0207 担当 矢澤祐史 伊藤宏基
奈良県庁健康増進課(ダイヤルイン)0742-27-8660 担当 村田清

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10