母親のアルコール依存と虐待

重し7キロ、縛られ放置 久留米・5歳虐待死事件起訴
http://www.asahi.com/national/update/0722/SEB201007210091.html魚拓
http://www.asahi.com/national/update/0722/SEB201007210091_01.html魚拓

 虐待とアルコールの関係性について、元北九州市児童相談所職員で虐待問題に詳しい西南学院大の安部計彦(かずひこ)准教授は「アルコールの量が増えると、虐待が進行していく傾向がある」と指摘する。「アルコールへの依存の深まりが把握できていれば、虐待の進行を推測できたはず。細かなことでも通報するなど、市民の協力が不可欠だ」と話している。(岡田玄)

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10