こころを救う:向精神薬問題 厚労省、脱「薬頼み」で対策 薬剤師がチェック

こころを救う:向精神薬問題 厚労省、脱「薬頼み」で対策 薬剤師がチェック
http://mainichi.jp/select/wadai/kokoro/archive/news/2010/09/20100910ddm041040147000c.html 魚拓

 医療機関で処方された向精神薬を大量に飲んで自殺を図る人が増えている問題で、厚生労働省は9日、「薬物治療のみに頼らない診療体制」への転換を目指すための対策をまとめた。医師の過剰な処方について薬剤師が照会・助言したり、かかりつけ医が投薬を続けても症状が改善しない重症患者を専門医に円滑に紹介できる仕組みを充実させる。自殺と過量服薬をめぐり、国が総合的な対策を打ち出すのは初めて。

 毎日新聞の報道を機に同省の自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム(PT)が7月以降、専門家へのヒアリングを通じて検討してきた。自殺を減らすためにはさらに対策が必要だとして、向精神薬の処方実態や不適切な処方をしている医療機関の把握、患者を十分に診察できる診療時間の確保について、今月中に専門家らによるワーキングチームを設置し、検討を進める。

 対策の一つは、患者が向精神薬を受け取る窓口であり、医療機関の処方内容を把握する薬剤師の活用。多種・大量の向精神薬を処方する医療機関に対し、薬剤師が処方内容の照会・助言を積極的に行うよう日本薬剤師会に要請する。薬の乱用目的で医療機関を重複受診する患者についても、薬剤師と医師の連携した対応を進める。

 また、症状が重い患者をかかりつけ医から精神科医にスムーズに紹介するために神戸市医師会が設立した「神戸G-Pネット」などを参考に、一般科と精神科が連携する仕組みを普及させる。

 このほか▽多種・大量処方を防ぐため、診療や処方に関するガイドラインを作成し医療機関に普及させる▽過量服薬のリスクが高い患者への対応で有効とされる多職種チームをつくるため、精神保健福祉士や臨床心理士など医師以外の人材を育成する▽過量服薬に関する医療従事者への研修を充実させる--ことを挙げた。【奥山智己、江刺正嘉】

==============

 ◆厚生労働省がまとめた過量服薬の防止対策◆

(1)医師に対する薬剤師の処方内容の照会や助言
(2)かかりつけ医と精神科医の連携システムの普及
(3)診療や処方に関するガイドラインの作成・普及
(4)多職種チームによる医療推進に向け、精神保健福祉士や臨床心理士などを育成
(5)過量服薬に関する研修の充実

第7回自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム 資料
(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000sh9m.html
○資料5
「過量服薬への取組」
(概要) http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/pdf/1009131.pdf
(本文) http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/pdf/1009132.pdf
[取組1] 薬剤師の活用
-薬剤師は、過量服薬のリスクの高い患者のゲートキーパー

[取組2] ガイドラインの作成・普及啓発の推進
①最新の診療ガイドラインの普及啓発を推進する

② 境界性パーソナリティー障害に関する診療ガイドラインの普及啓発
境界性パーソナリティー障害については、他の精神疾患に比べて過量服薬を含め自殺のリスクが高いことが知られている一方、治療が難しいため、正確な診断・治療が可能な専門医との連携が重要である。

[取組3] 研修事業に過量服薬への留意事項を追加
① 厚生労働省の研修事業を活用
② 関係団体による研修事業を活用

[取組4] 一般医療と精神科医療との連携の強化
① 救命救急センターにおける精神科ケアの対応能力の向上を推進する
② 一般医療と精神科医療との連携を強化する取組等を周知する

[取組5]チーム医療で患者と良好な関係を築くための取組

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10