2010年11月アーカイブ

農作業で薬物依存からの脱却

農作業で薬物依存からの脱却に道筋 栃木ダルク プログラム開始から半年、施設拡大へ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20101116/415772魚拓

 薬物依存症などの回復を支援する宇都宮市のNPO法人「栃木ダルク」(栗坪千明代表)が、農業を通じ社会復帰を目指す施設「那珂川コミュニティーファーム(CF)」を那珂川町に開設してから半年。利用者に心の安定をもたらし、栽培する野菜も流通し始めるなど順調に進んでいる。今後は農産物加工所の開設や農地拡大を予定、新たな取り組みは軌道に乗り出した。

 CFは、農業を作業療法的に取り入れ、充実感や安定感を取り戻すとともに、就農を視野に入れたプログラム。就労が難しい中高年や、入寮が増えている発達障害のあるメンバーが対象で、現在5人が利用する。ダルクを支援する農業星一明さん(45)の敷地内で運営し、今年は田畑計60アールでコメや十数種の野菜を手掛けた。

 10月初旬。稲は黄金色に輝いていた。「稲刈り機が入れるよう田んぼの四隅の稲、どんどん刈って」。CF責任者の柴田隆治さん(49)が声を張り上げる。メンバーはかまを手に黙々と作業をこなした。「今年は試行錯誤。でも、野菜の販売も始まったし、来年はきちんと生産調整しないと」。アルコール依存症から回復した元トラック運転手の柴田さんは、すっかり就農者の顔になっていた。

 「柴田さんは責任感が強くなり、周りにも目を配れる」と星さん。対人関係が苦手だったプログラムリーダーの夢川義和さん(42)も、意見や冗談が自然と出るようになった。栗坪代表は「農業は成果が目に見え、日々の充実感が心に安定をもたらす。この安定感が想像以上に良かった」と半年を振り返る。

 開設当初は地域から不安の声も聞かれたというが、今は小学校で草むしりを手伝ったり、地域でアルコール依存症の啓発活動を行うなど、徐々にとけ込んできた。

 こうした経過を踏まえ、来年は施設の拡大を予定。近隣の休耕田3千平方メートルと畑60平方メートルを新たに借りるほか、同町内にある利用者の住まいも2Kのアパートから4LDKの一軒家に移し、最大12人の利用を見据える。加工所開設に向けては、柴田さんと夢川さんが食品衛生責任者の資格を取得。栗坪代表は「(二人を)就農へのモデルケースに、人手不足の農業の労働力につながれば」と期待を込める。

 ただ、一方で、発達障害のあるメンバーは、種まきから収穫と、一連の作業を通じて感動や達成感が得にくいという課題が浮かんだ。今後は作業適性を見極めながら役割を組み立て、プログラムを進めていくという。

タランチュラで脳の恐怖反応を分析

英ケンブリッジ大、タランチュラで脳の恐怖反応を分析
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-18075420101109魚拓

[ロンドン 8日 ロイター] 英ケンブリッジ大学によるタランチュラの映像を用いた研究で、人間が恐怖を感じるとき、対象物の近さや進行方向、対象物への恐怖心の大きさによって、脳の反応が異なることが明らかになった。 

 研究チームは20人のボランティアを対象に、足の近くに置かれたタランチュラが近づいてきたと感じたときの脳の動きを機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)で測定。「恐怖のネットワーク」と呼ばれる神経ネットワークの異なる部分が活発になることで、様々なレベルの恐怖反応が引き起こされることが分かったという。

 研究を率いたディーン・モブス氏は、「恐怖のネットワークの様々な部分が同時に働いて、恐怖反応が示されることが明らかになった」と説明。「遠くにいたタランチュラが近づいてくる危険を感じれば、不安の領域ではなくパニックの領域が活発になる」と話した。

 また、実験前の質問でタランチュラに対する恐怖心の度合いを聞いた際、最も強いと答えた参加者らはタランチュラのサイズが実際よりも大きいと勘違いしていたことも判明。研究チームは、この「誤った予想」が恐怖症の仕組みを知るカギになるのではないかとみている。

酒依存 自殺の危険信号

酒依存 自殺の危険信号

 厚労省研究班が76人の自殺者の遺族を対象にした研究では、死亡する1年前にアルコールに関連する問題を抱えていた人は、16人(21%)だった。全員男性で、40~50代が12人。1人をのぞき、全員が仕事を持っていた。月平均の飲酒日数は25日と連日飲んでおり、大半がアルコール依存や乱用の診断が可能だった。
 研究を担当した国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦自殺予防総合対策センター副センター長は「40~50代の働き盛りの自殺は、日本の自殺問題を象徴している。アルコールの問題は家族と借金、心の問題などが複雑にからまっている上、自殺への衝動性を高める。今後の自殺対策にはアルコール問題も力を入れるべきだ」と指摘する。
 過剰なアルコールの摂取と自殺の関係は、国内外で研究が進んでいる。名古屋市立大の明智龍男准教授らが、40~69歳の男性を対象に行った長期間観察研究では、1日に「3合以上飲む」という人は、「時々飲む」人に比べ、自殺死亡率が2.3倍高かった。
 海外では、アルコール販売制限に伴い自殺死亡率が減った(ロシア)、個人の年間アルコール消費量が1リットル増えると、男性の自殺死亡率が1.9%上がった(ポルトガル)などの報告がある。
国も08年に自殺総合対策大綱を改正し、アルコールの問題について初めて採り上げた。厚労省が5月にまとめた「自殺・うつ病等対策」にもアルコール問題の対策強化が盛り込まれた。
 国立病院機構久里浜アルコール症センター(神奈川県)の樋口進副院長は「国内のアルコール依存症予備軍は440万人と推計されているが治療を受けているのは年4万人ほど。社会がもっと、アルコール問題への関心を高めるべきだ」と話す。





アディクションと依存症

アディクションと依存症
あとがきにかえて

 今回のブックレット「にっせいしん」第2号では,「アディクション―依存症等へのアプローチ」として特集を組みました。このところ,若者のドラッグ問題が深刻になっており,一部の芸能人の「薬物汚染」もマスコミをにぎわせています。昔からのアディクションの代表として,アルコールの問題は相変わらずです。これらの古典的なアディクションに加え,このところギャンブル癖や過食症などもアディクションとみなされることがあり,これらも大きな問題となっています。
 「アディクション」という用語は,実は古い医学用語です。アルコールや薬物を「わかっちゃいるけどやめられない」状態は,1960年代末までその程度やいわゆる禁断症状の有無によって「嗜癖(アディクション)」や「習慣」と呼ばれていました。しかしこれらの概念は,乱用される薬物を分類するには不適切であることがわかってきて,1968年,世界保健機構(WHO)は,「依存」という用語を用いるように勧告したのです。
 「依存」には心理的に頼るという意味もあるため,心理学的な概念と思われがちですが,本来はそうではありません。依存そのものは,嗜癖や習慣という用語が用いられていた当時から,薬がきれたときに,いわゆる禁断症状が出るような生体の状態をいい表すために用いられており(身体依存),元来は生理学・薬理学的な概念でした。
 このような生理学的用語が,薬物依存の本質である「強迫的欲求がある(わかっちゃいるけどやめられない)」状態を意味する用語,すなわち「精神依存」に借用されたわけです。つまり「薬物依存」とは,生理学・薬理学的概念に由来し,途中から心理学・精神医学的な意味が加わったということになります。なお,アメリカの公式の精神医学では,今でも薬物依存といえば身体依存のことで,精神依存にもとづく臨床的現象は「乱用」と呼ばれています。
 WHOの定義では,「依存」が病気であるともないともいっていません。しかし,依存状態は,さまざまな健康問題に結びつきます。そこで,精神依存と身体依存,さらにその結果おこる種々の臨床的問題(中毒等)をひっくるめて,わが国では「依存症」という用語が用いられています。この場合,精神依存しかみられなくても依存症ということができます。
 「アディクション(嗜癖)」という用語は,すくなくともWHOが廃止したにもかかわらず,今でもしばしば用いられているのはどうしてでしょうか? 「モノ」や「コト」への強いのめりこみを表現するのに,「依存」や「依存症」では何か物足りなさを感じるためかもしれません。アルコール・薬物依存以外の「わかっちゃいるけどやめられない」状態に,元来,生理学・薬理学的な概念である「依存」を用いることに違和感があるせいかもしれません。アメリカで,アディクションという用語が用いられ続けていることも日本に影響しているとも思われます。
 ところで,本来の医学用語としての「アディクション」は,今風にいえば強い精神依存に加え身体依存のある状態,と定義されていました。しかし,このところの使われ方をみると,ほぼ「わかっちゃいるけどやめられない(精神依存)」の意味で用いられているようです。
 このほか,ある種の不健康な人間関係をアディクションととらえ,これを「共依存」(コ・デペンデンシー)ということがあります。身近な相手(A)を繰り返し心配させることで支配する人(B)と,依存する人(B)を助けることで充実感を抱く人(A)との硬直した二者関係を「共依存」といいます。典型はアルコール依存症の夫(B)とその妻(A)との関係です。またAのことを「イネイブラー」(支え手)といいます。
 以上,アディクションを理解するのに必要なキーワードをいくつか解説しました。
(日本精神神経科診療所協会会誌編集委員会)

日本精神神経科診療所協会
http://www.japc.or.jp/
ブックレット「にっせいしん」No.2 特集「アディクション-依存症等へのアプローチ」
http://www.japc.or.jp/pdf2/book/book2.pdf

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.10