2010年12月アーカイブ

シンポジウム「依存問題を発達障害から考える」in広島

近年、発達障害への関心の高まりとともに、依存問題と発達障害の関係にも注目が集まってきています。「ギャンブル依存」の問題を持つ人をサポートしているワンデーポートでは、早くからアスペルガー障害やAD/HDに注目し、発達障害の概念を支援の中で取り入れてきました。

このシンポジウムは、「依存症とは何なのか」「発達障害とは何なのか」を整理するとともに、当事者やご家族、支援者の皆様が、これらの問題に向き合っていくためのヒントをお伝えしたいと考えています。「ギャンブル依存」だけではなく、摂食障害やその他の依存を持つ人にも共通している問題だと思いますので、依存対象に関係なくご参加いただければ幸いです。

平成23年1月23日(日)  10時~16時00分
会場 RCC文化センター
 広島市中区橋本町 5-11

講演者(シンポジスト)
 市川岳仁 (三重ダルク施設長 精神保健福祉士)
 「発達障害を持つ依存症回復者の地域移行」
 関水 実 (横浜市発達障害者支援センター所長)
 「発達障害から見る依存問題」
 高澤和彦 (浦和まはろ相談室代表 精神保健福祉士)
 「依存問題から見る発達障害」
コーディネーター
 稲村 厚 (NPO法人ワンデーポート理事長 司法書士)

その他、ワンデーポートのプログラム紹介 体験談を予定しています

参加費 2,000円 参加申し込み先(先着70名) 045-303-2621(ワンデーポート)
対象 医療福祉関係者、家族、当事者、その他関心のある方
主催 NPO法人ワンデーポート
http://www5f.biglobe.ne.jp/~onedayport/newpage5.htm

onedayport.jpg

独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
 ~若者のギャンブラー自立支援普及事業~
シンポジウム「依存問題を発達障害から考える」日程

福岡2010年10月24日(日)(終了)
札幌2010年11月14日(日)(終了)
京都2010年12月19日(日)(終了)
広島2011年1月23日(日) (参加申し込み受付中)
富山2011年2月20日(日) (参加申し込み受付中)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~onedayport/page12-1.htm

30年前に盗んだ商品の代金、利息も付けて郵送
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-18722620101221魚拓

 [ピッツバーグ 20日 ロイター] 米ペンシルベニア州西部にある家族経営の小売店に、差出人が書かれていない現金入りの封筒が届いた。店を営むリン・グラムリングさんによると、封筒には、25─30年前に盗んだハンマーの代金だと説明した手書きのメモが同封されていたという。

 12月6日付のメモには「間違ったことだと知りつつやってしまった。ハンマー代とその利息として45ドルを同封した。盗みを働き申し訳ない。私は生き方を変えた」などと書かれていた。

 グラムリングさんによると、一家が約50年前に店を営むようになって以降、店頭から商品が無くなったことは多数あったが、代金が戻ってきたのは初めて。「45ドルはハンマーの代金よりかなり多い金額。気前がいい人だ」と話している。

 グラムリングさんは、受け取った45ドルを父親がボランティアとして活動する「救世軍(サルベーション・アーミー)」に寄付したという。

自閉症スペクトラムの分類(サブカテゴリ)

Autism.gif

飲酒運転:再犯防止に「断酒」指導 出所者対象に3カ月間
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101129k0000e040067000c.html魚拓

 飲酒運転を繰り返す常習者の再犯を防ぐため、法務省は、刑務所出所者らを対象に飲酒運転防止プログラムを始めた。飲酒運転は常習性が高く、罰金や執行猶予判決を重ねて刑務所にたどり着くケースが多い。アルコール依存症が疑われる人に対しては、プログラムを通し断酒を促す。

 常習者の6割が依存症との調査もあり、依存症からの回復が再犯防止に不可欠と判断。プログラムの対象は刑務所仮出所者と保護観察付き執行猶予判決を受けた人で、年500人弱を想定している。

 3カ月間、保護観察官が指導する。依存度によって2コースを用意。アルコールの心身への影響や飲酒運転と依存症の関係を認識させた後、犯罪に至った原因を振り返り、対処策を考えさせる。プログラム終了後は自助グループなどにつなぐ。

 酒害教育は、06年に福岡市で起きた飲酒による3児死亡事故を機に刑務所内で強化されたが、出所とともに再び酒に手を出す人も多い。このため交通事件受刑者を収容する市原刑務所(千葉県)など4刑務所で酒害教育を受けた出所者も継続してプログラムを受講させる仕組みとした。

 法務省保護局は「飲酒運転は重大な死亡事故に結びついて悲劇を生みやすい。飲酒の誘惑を断つ意識付けが必要」と話す。【石川淳一】

[5/3] GA3グループ合同ステップセミナー

速報!
ギャンブラーズ・アノニマス
ちば・キーストン青山・フリーダム
合同ステップセミナー


それって、いつなのだ・・・?
来年、第2回をやるのだ!

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・渋谷)
2011年5月2日(月)前夜祭ミーティング
     5月3日(火・祝)合同ステップセミナー
「ステップ(回復のプログラム)って?」
「スポンサーシップは、ちょっと...。」
風薫る5月。
オリンピックセンターでお会いしましょう!
3日のステップセミナーは、
依存症者本人はもちろん、
ご家族・ご友人、医療福祉、行政関係...
どなたも参加可能です。
(詳しい内容は、下記サイトにて随時更新!)
http://sites.google.com/site/ga12step2u/home

gastep.jpg

窃盗癖:背景に摂食障害...受診女性の7割超 病院が調査
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101214k0000e040059000c.html魚拓

 衝動的な万引き行為をやめられない「窃盗癖」(クレプトマニア)と過食症との関係が注目されている。アルコール依存症などを専門に治療する精神科病院「赤城高原ホスピタル」(群馬県渋川市)の調査では、窃盗癖で受診した女性の7割以上が過食症などの摂食障害だった。ホスピタルの竹村道夫院長は「万引きは犯罪に違いないが、こうしたケースでは再犯を防ぐための治療が必要だ」と話している。【伊藤一郎】

 竹村院長らが08年1月~09年7月にホスピタルと東京都内にある関連の精神科クリニックで診察した窃盗癖のある男女132人を調査したところ、女性92人のうち68人(74%)が摂食障害を患っていた。男性患者で同様のケースは40人中4人(10%)で、女性に顕著な傾向だった。

 神奈川県の女性(21)は高校3年の時、ダイエット感覚で食事制限を始め、拒食症に。大学入学後、飲み会が続き「会費を払っているのにもったいない」と考えているうちに逆に過食症になった。

 食費に困り、スーパーの試食品を大量に食べて紛らわしたが、店員や他の客から白い目で見られていることに気付き、万引きに走った。「食べたい衝動だけが頭を支配して、お金を払うという考えがなくなった。いつも吐いてから我に返るが、繰り返してしまう」という。逮捕は3回。現在、大学を休学して治療に専念している。

 関東地方のパート女性(42)は2人目の子供を妊娠した29歳の時、ストレスから過食しては吐くようになった。節約のために食品を万引きするようになったが、洋服や雑貨まで盗むようになった。

 「買い物袋がいっぱいになるほど盗まないと気が済まなくなっていた。万引きするときは、いつも意識が飛んでいた」。3度目の刑事裁判で実刑判決を受け、1年間服役。出所後、夫や2人の子供と別居した。「二度としないと決意しても万引きをやめられなかった。服役までしたのに、今もまたやってしまわないか不安にさいなまれている」という。

 女性たちは、入院して医師のカウンセリングを受けたり、患者同士で生い立ちや経験を告白する治療を続けているが、専門的な治療ができる医療機関はほとんどないという。

 治療を受けストレスから解放された生活を続けた結果、窃盗癖や過食症が治ったケースもあるといい、竹村院長は「刑務所より病院で適切な治療を行う方が有効なケースもある」と話している。

 ◇クレプトマニア◇
 米国の精神医学会が定めたガイドラインで「他のどこにも分類されない衝動制御の障害」の章に分類されている疾患。診断基準として「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される」「窃盗直前の緊張の高まり」「窃盗を犯すときの快感、満足、解放感」など5項目が挙げられている。日本では「窃盗癖」と訳されるが、金銭目的の単純な常習窃盗犯と区別するため「病的な窃盗癖」と訳すべきだとの考えもある。

今年もふたご座流星群

国立天文台:ふたご座流星群を観察するには(Q&A)
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101213/observe.html

12月13日・14日の夜とも、真夜中前後に月が沈んで以降(日付が変わって翌日の)明け方までがお勧めの時間帯です。

4等星まで見えるような平均的な空で見るとき、流星が最も多く見える日時に観察できる流星の数は、1時間に15~20個と予想されます。

ビックブックキーワードディスカッション

会の名称:ビックブックキーワードディスカッション

主旨:底つき、霊的目覚め、委ねる、手放す...等ポピュラーなんだけどイマイチよく解らないで使っている言葉を拾いながら、時に原著である英語版をあたったり辞書を引いたりしながらディスカッション形式で12ステップへの理解を深めることを目的とします。外国人メンバーを交えての分かち合いです。基本は日本語ですので英語が不得手な方でも、興味さえあれば奮ってご参加ください。ワークシートなどを使うことも計画中です。お楽しみに!オープンですのでどのような立場の方でも歓迎します。
日時:2011年1月23日 午後3時~5時 毎月第4日曜日の午後に開催します。
会場:さいたま市浦和コミュニティーセンター(浦和PARCO10階 JR浦和駅東口徒歩1分)
第11集会室

2月は27日に同じ時間同じ場所で開催いたします。

HA ひきこもり・アノニマス

新グループ誕生
HA ひきこもり・アノニマス

HAひきこもり・アノニマスは、現在ひきこもり状態にある人、または以前ひきこもっていた人のためのグループです。
仲間との分かち合いで、回復を目指します。

毎週土曜日午後7時より8時半まで(12月4日スタート)
●場所東京都障害者福祉会館(東京都港区芝5丁目18-2)
最寄り駅:都営三因線三田駅・JR田町駅

2・4週のクローズドミーティングは、ひきこもり本人・以前ひきこもり状態だった人限定で、また1・3・5週のオープンミーティングでは、ご家族の方をはじめ、どなたでも参加できます。
会費や月謝は必要ありません。私たちは自主的な献金で運営されます。
HAは、あなたの参加を心よりお待ちしています。お気軽にご参加ください。

なお、12月8日から、中村橋会場(練馬)も開催の予定です。
中村橋(練馬区)のグループは当初始める予定でしたが、都合により開場できなくなり、現在も存在しません。

2011年3月からあざみ野(横浜市)グループが発足し、毎週日曜日・15:15~16:30に開催、現在HAは三田とあざみ野の2グループにあります

※ミーティングでは『回復の「ステップ」(ジョー・マキュー著・依存症からの回復研究会発行)』、『AA12の伝統』を用います。
※会場はお借りしているだけであり、会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

ACAステップスワークグループ桜木町

ACのための新しいテキストとグループ、勉強会があります
ACA Steps Work Group 桜木町
Adult Children of Alcoholics

ACA Steps WorkはAC(アダルトチャイルド)の問題を持つ本人のクローズドミーティングです。私たちは、アルコールなどの機能不全家族で育った共通の問題を分かち合い、自分と似た人たちがいる事を学びます。
ACAのメンバーになるために必要な事はただ一つ、家族の機能不全の影響から回復したいと願う事だけです。

ACA Steps Workミーテイングでは、2006年にACA(Adult Children of Alcoholics)より刊行された「ADULT CHILDREN OF ALCOHOLICS/DYSFUNCTIONAL FAMILIES」をテキストに12ステップミーティングを行っています。
私たちは、あなたを心から歓迎します。気楽に一緒にやりましょう。
いつでもミーティング会場でお待ちしています。

桜木町ミーテインググループ
日程 毎週金曜日午後7時~8時半
会場 横浜市市民活動支援センター
   横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21 クリーンセンター4F・5F
   最寄駅「桜木町」駅徒歩7分'

あざみ野勉強会
日程 毎週土曜日午後1時~5時
会場 アート・フォーラムあざみ野 男女共同参画センター横浜北
   横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 11F

連絡先 aca_sakuragichou@yahoo.co.jp
   coro32@pdx.ne.jp

acastepswork.jpg

「洗濯物リスト」
(アダルトチャイルドの14の特徴)

  1. わたしたちは、ひとりぼっちで孤立し孤立し、他人や権威をを恐れるようになっていた。
  2. わたしたちは、承認を追い求め、そのなかで自分自身を見失うようになった。
  3. わたしたちは、怒る人や、いかなる個人的批判にも怯えるようになった。
  4. わたしたちは、依存症になったり、依存症者と結婚したり、あるいは依存症になって依存症者と結婚したり、あるいは仕事中毒のような強迫的な問題を持つ人を見つけては、病んだ「見捨てられ不安」を満たそうとする。
  5. わたしたちは、人生を犠牲者の視点から生き、犠牲者意識で生きるという弱点によって引きつけられる人と恋愛関係や友情関係を成り立たせようとする。
  6. わたしたちは、行きすぎた責任感を持っていて、自分のことに気をつかうより他人の心配をする方がたやすく、そうすることで、自分の欠点から目をそらす。
  7. わたしたちは、他人のために我慢することより、自分を表現することに罪悪感を感じる。
  8. わたしたちは、刺激や興奮に依存するようになっていた。
  9. わたしたちは、愛を哀れみと混同し、"哀れみ"を感じたり"救える"と思う人を"愛する"傾向がある。
  10. わたしたちは、傷ついた子ども時代からの感情をためこんできたため、傷つかないようにするために、自分の感情を感じたり表現する力を失ってきた。(否認)
  11. わたしたちは、自分自身を情け容赦なく断罪するので、自己信頼がとても低い。
  12. わたしたちは、とても依存性的で、見捨てられ不安におびえ、見捨てられる痛みを避けるために人間関係にしがみつき、どんなことでもしようとする。その見捨てられる痛みとは、かつて情緒的に関われない病んだ大人たちと一緒に暮らしてきたことから受け取ったものである。
  13. アルコホリズム(依存症)は家族の病気だ。私たちはお酒を飲まなかったとしても、この病気の特徴を引き継ぐ共依存者となった。
  14. わたしたちは、"自ら行動する人"ではなく、"反応する人"である。
Tony A. 1978

ACの概念は、アルコール家族の自助グループから生まれたティーンの自助グループ「アラティーン」からはじまった。
アダルトチャイルドとは、アラティーンのメンバーで18歳以上で、大人であるけれど、機能不全家族に育った子どもたちのことである。
また、アダルトチャイルドとは、現実に直面した時に、子ども時代のステージに戻ってしまう人々を意味している。

Big Book Family

アルコール・薬物依存症者の家族・友人の会
Big Book Family(ビッグ・ブック・ファミリー)

私達は自分のまわりにアルコールや薬物などの問題をもつ本人の家族・友人の集りです。
この会の目的は、アルコール・薬物などの依存症者を抱えて苦しんでいる家族に、12のステップに基づいた回復のメッセージを届け、自分たちも回復を達成していくことです。
この目的のために、私達はグループミーティングを行い、スポンサーシップを広めAA等のグループやそのメンバーと協カして、共同の活動を進めていきたいです。

1.毎週土曜日午後4:00~午後6:00(12月29日~1月3日はお休み)
  第1土曜日→クローズド([Big Book]の輪読と分かち合い・ビジネス)※
  第2土曜日→オープン([アラノンで今日一日」を使っての分かち合い)
  第3土曜日→クローズド([12ステップ]を使っての分かち合い)
  第4土曜日→オープン(スピーカー:回復をしている本人・家族・専門医療関係芦等との懇談会)
  第5土曜日→女性クローズド(女性のみ:テーマを決めた分かち合い)
2.場所:四ッ谷メリノール宣教会「2階左奥ミーティングルーム」(下図参照)
  JR:中央線・総武線 地下鉄:丸の内線・南北線 「四ツ谷」駅~徒歩10分
3.テキスト:[Big Book][アラノンで今日一日』][12ステッブ][勉強会資科]など
 [Big Book]はAAの基本テキストで正式書名『アルコホーリクス・アノニマス』です
  ※第1土曜日のみ午後4:00~午後5:15分かち合い
          午後5:30~午後6:30ビジネスミーテイング
2010.5

〈成り立ち〉
・平成16年9月 多数のAA方々の協力の下、月2回オープンで始まる。
・じきに毎週となる。
・本人の前では話せない方があるとわかり、クローズドをつくる。
・長年回復の方のお話が聞きたく、第4週目スピーカーの日をつくる。
・病気のことが知りたく、年1~2回医療関係の方よりお話を聞く懇親会の日をつくる。
・女性だけで話したく第5週目女性クローズドをつくる。
・楽しい一時が過ごしたく12月第4週目クリスマス会を始める。
・ミーティングのあり方を話し合いたく第1週目ビジネスを始める。
・ステップの勉強をしたく第3週目ステップを始める。
・自分達のテキストがほしく、医療関係の方のお話からテープ起こしをし勉強会資料を作る。
2009.6.

bbf.jpg


静岡ビッグレッド

「静岡ビッグレッド」のご案内

2010年10月7日から、ビッグブック(『アルコホーリクス・アノニマス』)とステップ解説書である『回復の「ステップ」(依存症から回復する12ステップ・ガイド)
《著者:ジョー・マキュー(JOE McQ)/発行:依存症からの回復研究会》
を使ったミーティングを始めます。

<目的>
ビッグブックと『回復の「ステップ」』をガイドとし、12ステップを理解して実践していきます。

<参加者>
ビッグブック・ステップを理解したい、勉強したい方なら、アディクションは特に問いません。

<場所所>
シオン教会
(静岡県富士市森島234-2)

<日時>
毎月第1・3木曜日20:00~21:00

<アクセス>
・車でお越しの場合
国道1号線「道の駅富士」を降りて県道341号線に入り、新幹線鉄橋、水管橋を経て富士川公園の手前へ(駐車場あり)。富士川の堤防を下った所に会場があります(地図参照)。
・公共交通機関でお越しの場合
JR東海道本線・身延線富士駅(南口)から富士川方向に向かって、徒歩25分
JR東海道新幹線新富士駅(北口)から富士川方向に向かって、徒歩30分

(20101025)


sbr.jpg

あびこミーティング

あびこミーティング
(ごちゃまぜ家族)

アルコール・ギャンブル・食物などの依存症者の家族が集って、
共感し、経験と力と希望を分かち合います。
『回復のステツプ』などの書籍を用います。

日時:毎月第1・第3水曜日18:00~19:30(開場17:50)
会場:我孫子南近隣センター会議室・和室(けやきプラザ8階9階)
 JR常磐線(上野から35分)成田線(成田から40分)地下鉄千代田線(大手町から50分)我孫子駅南口

 ☆その日のお部屋は9階会場案内でご確認ください。
 ☆掃除のあと20:45まで参加自由のフェローもあります。
 ☆「回復のステッブ」などの書籍は会場ではお貸し致します。予約販売も致します。

 改札口を出て、右手の南口へ
 階段を降りるか、あるいは
 エレベーターを降りパン屋前と階段横を通ると
 線路沿いコンビニ先の10階建ビルが
 千葉県我孫子南近隣センター(けやきプラザ8階9階)です。
 会場までは、我孫子駅改札口より徒歩5分程

 我孫子発成田行 19:52, 20:14, 36(4番線), 55(上野発), 21:11
 我孫子発勝田方面 19:44(日), 57(土), 20:08(土), 23(高), 37(土), 49(勝), 21:14(勝)
*常磐線は快速のみ我孫子(あびこ)駅停車、特急・特別快速は止まりません。ご注意下さい。
2010.1


abiko1.jpg

ビッグブックのスポンサーシップの会

ビッグブックのスポンサーシップの会

 1対1の分かち合いをしてみませんか!
自分達に与えられたものをどのよう手渡せばよいか
「ビッグブックのスポンサーシップ」(通称「緑の本」)や
「回復のステップ」(通称「赤本」)
を読み合わせた後1対1の分かち合いを行います。
 ※会場にも本は用意してあります。

毎月第1・第3の日曜日(11/21.12/5.12/19.1/16)
 9:30~12:00

会場:船橋中央公民館
(「ギャマノン船橋スポンサーシップ」で予約しています)
 ・11/21は第3和室
 ・12/5は第3和室
 ・12/19は第5集会室
 ・1/2は休み
 ・1/16は第5集会室

住所:千葉県船橋市本町2-2-5
アクセス:JR船橋駅より徒歩7分
 京成船橋駅より徒歩5分

連絡先:高橋@すみだ
メールアドレス:変更になりました。ひいらぎあてお問い合わせ下さい

bbspon.jpg


あざみ野ファミリー12ステップグループ

あざみ野ファミリー12ステップグループ

ステップに興味がある方、どなたでもご参加いただけます。
「回復」のステップやビックブックのスポンサーシップ、
12&12の読み合わせ・分かち合いをします。
ひとりでも多くの方と一緒に分かち合い、
それぞれの回復の場となりますように。

毎月第1・3(水)曜日&第2・4(日)曜日各10:30~12:30
※「初めて」また「子どもと一緒に」参加される方は、10時にお越しください
※下記、こどもグループに参加される場合は、ご連絡ください(下記参照)

他月1回ETM開催19~21時
※不定期のため、お問い合わせください(下記参照)
大人もティーン(中学生以上)も
歌いっぱなし♪
遊びっぱなし♪

《こどもグループのサポート》
大人がミーティングをしている間、隣の部屋でティーン(中・高校生)達が中心となり、歌やゲーム、工作等をして、絆つくり、心のサポート等の活動をします。

6~19歳対象(未就学児も参加可能)
※参加される場合は、ご連絡ください
(下記参照)

《会場》
男女共同参画センター横浜北・2階 相談室
(アートフォーラムあざみ野)
横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
東急田園都市線・横浜市営地下鉄「あざみ野」駅徒歩5分
※駐車場=予約制:045-910-5755(有料)
連絡・問い合わせ先:azamino.family12@gmail.com
(会場はミーティングの為にお借りしているだけです。会場への直接のお間合せはご遠慮ください。)


azamino.jpg

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10