妊婦のコカイン使用、早産や未熟児のリスク高める=研究

妊婦のコカイン使用、早産や未熟児のリスク高める=研究
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19398720110204魚拓

 [ニューヨーク 4日 ロイター] 女性が妊娠中にコカインを使用することで、早産や低出生体重児(未熟児)といったリスクが高まることが、最新の研究で明らかになった。医療関係者の間では、以前からこうしたリスクが認識されていた。

 今回の研究では、過去に行われた31件の研究のデータを分析。妊娠中に1回以上コカインを使用した母親の3人の1人が早産となったが、そうでない母親のうち早産になったのは8人に1人だった。

 また、新生児の出生体重が2500グラム未満だった割合は、コカインを使用しなかった母親では10人に1人だったが、コカインを使用した母親では3人に1人だった。

 研究に参加したトロント大学准教授のケリー・マーフィー氏は「妊娠期間は女性が人生を変えることができる時だ。軌道修正のチャンスでもある」と述べた。

 妊婦のコカイン使用については、一部の専門家から、生まれてくる子どもの高血圧や心臓疾患などのリスクが高まるとの指摘もある。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10