奈良ダルク開設5周年フォーラム 回復の取り組みを紹介--橿原/奈良

薬物依存症:奈良ダルク開設5周年フォーラム 回復の取り組みを紹介--橿原/奈良
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000226-mailo-l29

 薬物依存症からの回復支援施設「奈良ダルク」(大和高田市)の開設5周年を記念したフォーラム(毎日新聞奈良支局など後援)が19日、橿原市大久保町の県社会福祉総合センターで開かれ、約250人が参加した。
 施設では、薬物やアルコールなどの依存症から回復した人たちがスタッフになり、依存者らを支援。4月にはギャンブル依存症の回復施設「セレニティーパークジャパン」も開設する。
 この日は依存者6~10人が虐待など過去に受けたつらい感情を語り合い、きずなを深めていく取り組みが紹介された。奈良ダルクを運営する社団法人座(くら)の矢沢祐史代表理事は「回復とはつらかった自分にありがとうと言い、自分を好きになること」などと話した。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10