2011年6月アーカイブ

マトリックス家族プログラム

マトリックス家族プログラム
http://www.selfss.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=22

このたびセルフ・サポート研究所では、「マトリックス家族プログラム」を開催します。
 マトリックスプログラムとは、米国で開発され、当研究所でも、本人向けとして提供している、依存症からの回復に役に立つ様々な要素を組み合わせた回復プログラムです。
 その中の大切な要素として家族プログラムがあります、このプログラムは以下の点を目標にしています。

・ 嗜癖、薬物の作用、回復、治療、家族関係について正しい知識を身につける。
・ 本人が回復していくことによって、家族関係がどのように変化していくか理解する。
・ 回復途上に起きてくる様々な問題について話し合い、理解を深める。
・ 本人の回復を応援するだけでなく、自分自身をケアできるようになる。
・ 安全な場所で、専門家からの援助を受け、仲間の家族と出会うことにより、勇気を得る。

 内容はスライドを用いた学習、本人を交えた意見交換などで、現在、マトリックスプログラムに係わっているリカバリングスタッフが主導します。
 1クール3回(1回2000円)、1ヶ月1回(全3ヶ月)の構成で、第一回目は7月9日(土)午前10:30~12:30を予定しています。
皆様の御申し込みをお待ちしております。

PS 
参加ご希望の方は、資料の都合もございますので、お早めに申し込下さると助かります。

詳しいお問い合わせはセルフ・サポート研究所まで。
TEL / 03-3683-3231

AA南多摩地区 6月12日現在のミーティング情報

南多摩地区
つくし野グループ
6月は通常どおり開催
7月~9月は町田市の節電方針を待って決定(休館になれば会場変更)

南のミラクル・グループ
6月~9月も通常どおり開催

日野グループ
6月は通常どおり開催
7月は都営日野アパート第1集会所に会場変更
8月~9月は日野市の節電方針を待って決定(休館になれば会場変更)

サンクチュアリー・グループ
6月は通常どおり開催
7月~9月は日野市の節電方針を待って決定(休館になれば会場変更)

万願寺グループ
6月は通常どおり開催
7月~9月は日野市の節電方針を待って決定(休館になれば会場変更)

豊田グループ
6月~9月も通常どおり開催

八王子グループ
6月~9月も通常どおり開催

西八グループ
6月~8月は通常どおり開催
9月は日曜は通常どおり開催、金曜は中止、替わりに木曜開催

高尾グループ
火曜:7月は片倉会場にて開催、8月~9月は今月中に決定
木曜:7月は八王子市浅川市民センターにて開催、8月~9月は今月中に決定
金曜:6月~9月は中止
土曜:7月は八王子市浅川市民センターにて開催、8月~9月は今月中に決定

陵南グループ
6月~9月は15:15~16:45に時間変更(場所はクリエイトホールですが部屋は毎週替わりますので、エレベーター脇の掲示板でご確認ください)

南部グループ
6月はすべて通常どおり開催
7月~9月の火曜は相模原市の節電方針を待って決定、水曜、金曜、土曜は通常どおり開催

多摩センター・グループ
6月~9月も通常どおり開催(停電になったらキャンドル・ミーティング)

女性クローズド矢部会場
6月~9月も通常どおり開催

女性クローズド日野会場
6月17日は通常どおり開催
7月15日は日野市中央公民館に会場変更
8月19日は通常どおり開催

こんな状況でも、それぞれのグループがミーティングを続ける努力をしていることに感謝です。

南多摩地区議長
マット

被災地での飲酒・こころのケア

久里浜アルコール症センター
被災地での飲酒・こころのケア
http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai.html
被災してから時間がたつにしたがって、こころの問題が大きくなってきます。久里浜アルコール症センターでは、とくに飲酒問題に焦点をあてて、以下のように現場ですぐに使えるさまざまな資料を作成しました。被災地での飲酒問題の啓発や予防に使用いただければ幸甚です。

1. 被災地における飲酒について
 被災地での飲酒の啓発パンフレットです。すぐに印刷して配布可能です。
 http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/1_hisaichi.pdf

2. 災害後の飲酒に関する研究エビデンス
 世界で起きた災害とその後の飲酒の関係について、今までの研究を簡単にまとめたものです。災害と飲酒がどのような関係になっているか確認するために作成しました。
 http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/1_saigaigo.pdf

3. うつとPTSDのスクリーニングテスト
 現場で使用できる簡便なうつ病(2問)、PTSD(4問)のスクリーニングテストです。
 周知のよおり、うつ病やPTSDは飲酒問題の危険要因です。もちろん、これらのテストは、飲酒問題と切り離して、うつ病、PTSDのスクリーニング目的で使用できます。
 http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/1_utsu.pdf

4. 飲酒問題のスクリーニング・介入ツール
 現場で使用可能な、飲酒問題のスクリーニングと介入ツール一式です。このツールは、まず対象者の飲酒問題の程度を評価し、アルコール依存症まで至らない大量飲酒者には減酒指導を、依存症者は医療機関への紹介を勧めるようにできています。ツールは、以下のもので構成されています。
  1) スクリーニング・介入ツール(本体)
    http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/1_sc.pdf
  2) スクリーニング・介入ツール(飲酒日記)
    http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/2_dialy.pdf
  3) スクリーニング・介入ツール(使用マニュアル)
    http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/3_manu.pdf
  4) スクリーニング・介入ツール(資料1~3)
    資料1(お酒とうまく付き合うために)
     http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/4_shiryou1.pdf
    資料2(酒類のドリンク換算表)
     http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/5_shiryou2.pdf
    資料3(飲酒量を減らす方法)
     http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/6_shiryou3.pdf

災害後の飲酒に関するエビデンス
http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/shinsai/1_saigaigo.pdf
さまざまな災害時の調査から災害と飲酒については、以下のようなエビデンスが
得られています。
1. 災害後、地域の飲酒量は全体的に増加します。
2. 災害前から飲酒問題をもっていた人は災害後に飲酒問題が悪化します。
3. 災害前に飲酒問題のなかった人に、災害により飲酒問題が新たに発生するかどうかについては、結論が得られていません。


認定NPO認可記念ワンデーポートセミナー
ギャンブルに依存する人の脳で何が起きているのか


 ワンデーポートでは、様々な角度からギャンブル依存という現象を考えるセミナーを各地で開催しています。この度、脳からギャンブルヘの依存を研究されている村井俊哉先生にお願いし、セミナーを開くこととなりました。ギャンブルに依存する原因を脳科学から迫ります。
 ワンデーポートで実践しているブログラムを紹介いたします。どなたでもご参加できますので、お気軽にご参加下さい。

※ワンデーポート
横浜市に2000年開設したギャンブルに問題ある人の入所施設。2011年4月に認定NPO法人を取得。

日時 平成23年7月10日(日) 午後1:30~4:30
会場 WINC AICHI(名古屋産業労働センター)1002会議室
   愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
   JR名古駅桜通口からミッドランドスクエア方面徒歩5分
   ユニモール地下街5番出口徒歩2分
講演 村井俊哉 京都大学大学院医学研究科 精神科神経科教授
   演題:ギャンブルに依存する人の脳で何が起きているのか
   (その他、体験談、ワンデーポートでの回復プログラムなどお伝えいたします)
参加費 2,000円
参加申込み 045-303-2621 (ワンデーポート)

主催 NPO法人ワンデーボート
後援 NPO法人三重ダルク

講師プロフイール
1966年大阪府生まれ。京都大学大学院医学研究科博士課程修了。京都大学大学院医学研究科教授。
『社会科した脳』エクスナレッジ2007年 『人の気持ちがわかる脳』筑摩書房(ちくま新書)2009年 『脳は利他的にふるまいたがる』PHP研究所2009年 他

光のほうへ

| コメント(1)

シネマスイッチ銀座にて

20110605161004_496.jpg
20110605161004_496_1.jpg

ギャンブルの問題と発達の問題を併せ持つ方の家族を対象としたミーティングのご案内

 ギャンブルにはまっている方には、アスペルガー障害などの広汎性発達障害やAD/HDなど、発達の問題を抱えている方が少なくありません。
 ギャンブルの問題が顕在化する前から学校、仕事などの継続が難しいなどの問題がある方は、元々の特性が原因で、発達(障害)の問題を持っている可能性があります。依存症とは別の支援が必要となることがあります。
 この家族ミーティングは、発達の問題とギャンブルの問題に家族が向き合うことを目的としています。本人が診断されている、いないは関係がありません。傾向があるのではないかとお考えの方も歓迎します。お気軽に足をお運びください。

横浜市健康福祉総合センター9階会議室
 〒231-8482 横浜市中区桜木町1-1

第一金曜日 時間:19:00~20:30
 6月3日(金)7月1日(金)8月5日(金)

対象 ご家族の方
参加申し込み 不要
参加費 無料(献金袋を回します)
問い合わせ ワンデーポート 045-303-2621

かけはしさんのブログ

かけはしさんのブログ

感謝の断酒 ありがとうと言われる生き方しよう
http://momoko0508.blog76.fc2.com/
中年サラリーマンのアルコール依存症からの脱出。アルコールという最愛の恋人を失った喪失感を感謝の心で満たします。

メールで紹介頂きました。サファイアさんの断酒部出身の方なのかな。

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10