2011年7月アーカイブ

引きこもり相談2・7倍 県新設の専用窓口に10年度127件
http://www.shinmai.co.jp/news/20110727/KT110725FTI090012000.html魚拓

 県が県精神保健福祉センター(長野市)に2010度に開設した「県ひきこもり支援センター」に寄せられた電話相談件数は同年度127件に上ったことが26日、分かった。開設前まで相談を受け付けていた精神保健福祉センターに09年度に寄せられた件数の2・7倍で、専用相談窓口ができたことが相談増加の要因とみられる。同センターは、引きこもりの人はまだ潜在的に多いとみている。

 相談127件のうち、相談者が家族だったのは98件(77・2%)で、本人は20件(15・7%)。他9件は支援関係者や教育関係者だった。

 引きこもりの人を年齢別にみると、21~25歳が31人(24・4%)と最も多い。次いで16~20歳が24人(18・9%)。一方、36歳以上も19人(15・0%)と多く、うち41歳以上が8人(6・3%)に上った=グラフ。引きこもり始めた年齢は21~25歳が25人(19・7%)で最多だった。医療機関を受診している割合も半数近かった。

 家族らからの相談には「子どもが口をきかなかったり、暴力を振るったりした時に、どう対応したらよいのか」といった対応方法に関するものが多かった。40代の子どもの親からは「親が死んだ後、子どもの生活はどうすればよいのか」という相談もあった。

 本人からの相談は、就労支援のほか、身近な相談機関の情報提供を求めるものが目立つ。「センターの職員に会って相談するために、外に出たい」という相談のほか、不眠や強迫神経症などで「医療機関にかかりたい」という診療先の紹介を求めるものもあった。

 精神保健福祉センターの小泉典章所長は「学校卒業後、学校以外の支援機関につながらず、引きこもりが長期化した相談事例があった。地域の支援機関を紹介するなど、切れ目のないケアが必要」としている。引きこもり支援センターの相談受付は電話026・227・1810。

IP110726MAC000028000.jpg

「恋人の体重が増えたら別れる」男性の半数=米調査
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22386720110727

 [ニューヨーク 26日 ロイター] 米男性向け情報サイトのアスクメンが女性誌コスモポリタンと共同で行った7万人を対象にした調査で、男性は女性に比べて交際相手の体型に敏感である一方、家族を重視する傾向が高いことが分かった。

 同調査では、恋人の体重が増えたら別れるかもしれないとの回答は、女性は20%に過ぎなかった一方、男性は約半数に上った。また、恋人の友人に思いをはせたことがあるとの回答は、女性は約3割だった一方、男性は6割以上となった。

 究極のステータスシンボルとして何を選ぶかという問いには、男性の39%が「家族」と回答。対照的に、女性の43%は「素敵な家」と答え、「成功を収めたパートナー」を選んだのは25%だった。

 過去に性交渉を持った相手の数で嘘をついたことがあるのは、男性の50%、女性の35%だった。

 男女ともに共通して高かったのは、男性用経口避妊薬が開発されることへの希望。女性の半数以上が相手に飲んで欲しいと答え、男性の3分の2以上が、市販されたら試したいと答えた。

 男女間で差が顕著に現れたのは、交際初期の段階でデート代をどちらが持つべきかという問題。男性がすべて払うべきとの回答は、女性の33%だったにもかかわらず、男性の59%は少なくとも関係が築かれるまでは自分たちが出すべきだと考えていた。女性の38%は、支払いはそれぞれ別々にすべきと答えている。

 また、以前に付き合っていた相手との接し方でも男女間に差があり、フェイスブックで元恋人と友達になっても構わないとの回答は男性が66%以上だったのに対し、女性は38%にとどまった。
パートナーとのスキンシップ、男性の幸せに重要=調査
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22216320110714

 [ニューヨーク 13日 ロイター]  女性は男性よりもパートナーとのキスや抱擁を好むとの通説があるが、長い付き合いにおいては、パートナーとの触れ合いは男性の幸せにとってより重要な要素であることが、新たな調査で明らかになった。

 学術誌「Archives of Sexual Behavior」に掲載予定の調査は、米国、ブラジル、ドイツ、日本、そしてスペインの5カ国の40─70歳代のカップル1000組以上を対象に行われた。参加したカップルは平均で25年間生活をともにしている。

 調査では、男性のほうがパートナーとの関係に対して幸せを感じる傾向が強いことが示されたほか、キスや抱擁などスキンシップの頻度が高いほど男性の感じる幸せの度合いも大きかった。

 調査を主導した米インディアナ大学キンゼイ研究所のジュリア・ヘイマン所長は、結果について「若干の驚き」とコメント。「これまでの広く受け入れられてきたのは、男性は性交渉を好むもの、女性は性交渉よりも親密な触れ合いを好むもの、などの通説」と述べた。

 調査ではまた、女性は連れ添う時間が長くなるにつれて一段と幸せを感じるようになることも分かった。パートナーと生活する期間が15年以上の女性は性生活への満足度も高かった。ヘイマン所長は女性の感じる幸せが時間とともに高まることについて、女性は子どもを持つなど生活の変化に伴って、当初持っていた価値観が変わることが背景にあるとの見方を示した。

 国別では、日本人の男女はパートナーとの関係に対して幸せを感じる度合いが非常に高く、米国、ブラジル、スペインを上回った。特に日本人の男性はパートナーとの性生活に満足している割合が他国と比べて2倍多かった。

 ヘイマン所長は日本人男女のパートナーに対する満足度が高いことについて「正直理由は分からないが、日本人カップルは調査の質問を少し違った形で受け止めたのではないか。おそらく米国人は質問内容をより批判的にとらえた可能性がある」と語った。

 また、日本人女性とブラジル人女性は米国人女性よりも、パートナーとの性生活に対する満足度が高かった。
★ 8月のオープンスピーカーズセミナーのご案内です
日時:2011年8月13日(土曜日)
   5:30pm 開場(開場のお手伝い可能な方、よろしくお願いいたします)
   6:00pm ミーティング開始
   8:00pm 閉場
会場の場所:community center akta
   新宿区新宿2-15-13 第二中江ビル301 
   (会場の連絡先: 03-5957-3506)
   http://www.rainbowring.org/akta/
※セクシャルマイノリティー(以下、「セクマイ」)で、かつAAメンバーによる、
 アルコール依存症からの回復についてのお話です。
※セクマイ(ゲイ,レズビアン,バイセクシャル,性同一性障害)等どなたでも参加可能です。
 事前の予約は必要ありませんので、当日直接会場までお越し下さい。
http://aasekumi.exblog.jp/16251567/

WIRED)愛は苦痛を緩和する:研究結果

愛は苦痛を緩和する:研究結果
http://wired.jp/2011/07/01/%e6%84%9b%e3%81%af%e8%8b%a6%e7%97%9b%e3%82%92%e7%b7%a9%e5%92%8c%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%9a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b5%90%e6%9e%9c/魚拓

恋人の写真を見ると、苦痛があってもそれほど激しく感じない。このことは詩的な真実だが、科学的な事実でもある。

6月27日付けで『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)のオンライン版に発表された研究論文において、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の心理学者ナオミ・アイゼンバーガーの研究チームは、女性17名の被験者を対象に、fMRI(機能的磁気共鳴画像)装置を使って脳をスキャンしながら、短時間の痛みを伴う刺激を与えた。女性たちはその間、長く付き合っている交際相手、見知らぬ他人、物体の、いずれかの写真を眺めていた。

pain_response.jpg
左から、「パートナー」、「見知らぬ他人」「物体」。Image: PNAS

アイゼンバーガー氏が予測したとおり、恋人の写真を見ていた女性が感じた痛みの程度は、他の被験者に比べて低かった。この現象は、先行研究でもすでに報告されている。今回の研究が先行研究と異なるのは、その現象が起こっているときの被験者の脳を、fMRIで直接観察した点だ。

その結果、痛みが和らいだのは、前頭前皮質腹内側部(ventromedial prefrontal cortex)の活動が増大したことに関連しているとみられることが分かった。前頭前皮質腹内側部は、安全や安心などの感覚にかかわる脳の領域だ。

愛する人の存在は、単に脳の報酬系を刺激するのではなく、安全や安心の感覚を生じさせることによって痛みを緩和するのだと、アイゼンバーガー氏は事前に仮説を立てていたが、今回の結果はその仮説を裏付けるものとなった。報酬系への刺激による痛みの緩和という現象もわかっているが、それは付き合い始めで有頂天になっているカップルにみられる現象だ。

アイゼンバーガー氏によると、このような痛みの緩和効果は、クモやヘビの写真を見ると痛みがより強く感じられる現象を、ちょうど正反対にしたものかもしれないという。

「既存の文献では、準備性の恐怖刺激というものが論じられている。ヘビやクモなど、われわれが生まれつき恐がるように準備されている存在のことだ。これらのものは、進化の過程で常にわれわれの生存を脅かしてきた。そのため、適応の結果として、それらに対する恐怖が備わっている。一方で、愛する人、愛着の対象者というのは、進化の過程で常にわれわれの生存を助けてきた存在として、準備性の安全シグナルのような働きをするのかもしれない」とアイゼンバーガー氏は述べている。

今回の研究では男性が被験者になっていないが、アイゼンバーガー氏は男性にも同様の現象が見られるはずだと述べる。「女性のほうが感受性が強いと思われるかもしれないが、このようなプロセスは、男性にとっても同じくらい重要なものだ」

TEXT BY Brandon Keim
TRANSLATION BY ガリレオ-高橋朋子

WIRED NEWS 原文(English)
http://www.wired.com/wiredscience/2011/06/love-reduces-pain/

脳は「他者への罰」に快感を覚える:研究結果
http://wired.jp/wv/2011/05/09/%e8%84%b3%e3%81%af%e3%80%8c%e4%bb%96%e8%80%85%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%bd%b0%e3%80%8d%e3%81%ab%e5%bf%ab%e6%84%9f%e3%82%92%e8%a6%9a%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%9a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b5%90%e6%9e%9c/

多量飲酒、周囲の人の健康にも影響

多量飲酒、周囲の人の健康にも影響
https://aspara.asahi.com/blog/medicalreport/entry/xghsIsukgG

坪野吉孝 《山形さくら町病院精神科・早稲田大学大学院客員教授》

多量飲酒者は本人の健康を害する場合があるが、周囲の人達の健康にも悪影響を与える可能性があるという論文が、アディクション誌に1月公表された。

ニュージーランド全土から無作為に選んだ12~80歳の男女3,068人に電話調査を行ない、自分の周囲に多量飲酒者がいるかをたずねたほか、本人の健康度と生活の満足度を質問した。多量飲酒者が1人以上いると答えたのは対象者の29%で、うち26%が同じ世帯で暮らしていた(配偶者や父母兄弟など)。

周囲の多量飲酒者の人数と同居時間から、多量飲酒者との同居の程度を「レベル0」から「レベル3」までの4グループに分けた。最小群(レベル0)は多量飲酒者との同居なし、最大群(レベル3)は1人以上の多量飲酒者と半日以上同居している状態だった。

その結果、最小群と比べると、最大群では「健康度」が16%低く、痛み、不快感、不安、うつなどをより多く感じていた。また「本人の生活の満足度」は4%低くなっていた。

最小群と比較した最大群の「健康度」の低下の大きさは、障害者を介護している人の低下と同程度であり、「生活の満足度」の低下は、難病患者を介護している人の低下と同程度だったという。

多量飲酒者との同居の程度別に見た「生活の満足度」と「健康度」
igaku0701_01.jpg

著者らによると、多量飲酒の他者への影響のうち、交通事故や胎児への影響のようにはっきりしたものについては調べられている。だが、「健康度」や「生活の満足度」のように、より主観的な影響を数値で表す研究が行なわれるようになったのは最近という。

たばこ対策の場合には、本人への健康被害と、受動喫煙による他者への健康被害を併せて考えることが一般的だ。同様に、多量飲酒が本人への健康被害に留まらず、他者の健康にも悪影響を与えることが今後の研究ではっきりすれば、アルコール対策でも両者を併せて考えることが必要になるだろうと、著者らは結論している。

多量飲酒者が周囲の健康に及ぼす影響が小さくない可能性を示した点で、重要な研究だろう。

参考リンク
 今回の記事で紹介された論文
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1360-0443.2011.03361.x/abstract

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10