精神科へ強制入院、家族同意不要に...厚労省方針

精神科へ強制入院、家族同意不要に...厚労省方針
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120629-OYT1T01128.htm

 統合失調症や認知症などの人を強制的に精神科に入院させる「医療保護入院」について、厚生労働省は29日、入院時に義務づけられている家族の同意を不要とする方針を決めた。

 家族の同意を外すのは、現行制度の原型を定めた1900年の法制定以来初めて。また、入院中も患者の権利を擁護するため、患者が「代弁者」を選べる新たな仕組みの導入などを盛り込んだ、精神保健福祉法改正案を来年の通常国会に提出したい考え。

 医療保護入院は、入院治療の必要性を本人が理解できない場合、精神保健指定医の資格を持つ医師1人の診断と、家族(保護者)の同意で入院を強制できる制度。1年間で精神科に入院する約38万人のうち、14万人が同制度で入院している。
(2012年6月29日20時44分  読売新聞)

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10