2013年1月アーカイブ

脳に磁場あて喫煙欲求抑制 理研など
薬物依存症治療に道
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO51099680Z20C13A1CR8000/魚拓

 理化学研究所の林拓也副チームリーダーとカナダのマギル大学の研究チームは、脳の一部に磁場をあてて、たばこを吸いたいと思う欲求を抑え ることに成功した。衝動をもたらす脳の部位を絞り込んだ。薬物やアルコールなどの依存症の新たな治療法に道を開く成果だ。米科学アカデミー紀要(電子版) に29日掲載される。

 喫煙の欲求には認知などを担う大脳前頭前野の腹内側部や背外側面が関係している。詳細な役割は不明だった。

 研究チームは10人の喫煙者に喫煙シーンのビデオなどを見せて脳の活動を測った。視聴後にたばこが吸えるとわかっていると、背外側面が盛んに働いた。

 この背外側面に磁場を約30分あてると、吸いたい気持ちを表すとみられる活動が収まった。詳細に調べると、背外側面は周囲の状況に応じて欲 求を促す働きをしており、その影響で腹内側部が喫煙したい衝動をつくっていた。実験では脳機能を調べる「経頭蓋磁気刺激法」の磁場を利用した。

 ほかの依存症でも同様の仕組みが関わっているとみられる。今後は詳細に仕組みを解明し、効果的な治療法の可能性を探る。


ビッグブックでobsessionの使われているページ

p.英語版ページ/日本語版ページ
太字は引用者によるもの

p.xv/xx(20)

the broker had been relieved of his drink obsession by a sudden spiritual experience
彼は突然訪れた霊的な体験によって飲酒への強迫観念から救われたのだった。

p.23/35

There is the obsession that somehow, someday, they will beat the game.
彼らには、何とかして、いつかこの勝負に勝つという強迫観念がある。

p.30/45

The idea that somehow, someday he will control and enjoy his drinking is the great obsession of every abnormal drinker.
何とかなるだろうという考え、いつかは飲むのを楽しむことができるようになるという大きな妄想が、病気の酒飲みに取り憑(つ)いている。

p.151/219

There was an insistent yearning to enjoy life as we once did and a heartbreaking obsession that some new miracle of control would enable us to do it.
でも昔のようなやり方で人生を楽しみたいというあこがれはいつまでも私たちにつきまとい、いつか奇跡が起こって、また昔のように飲めるようになるという、胸も張り裂けんばかりの妄想にいつもとらわれていた。

p.155/226

He had, of course, the familiar alcoholic obsession that few knew of his drinking.
この男もまた、自分の飲酒のことがまだ誰にも知られていないという、アルコホーリクに共通するおなじみの強迫観念を持っていた。

最近のコメント

  • green hermes bag: cheap herm 続きを読む
  • あ: テラワロス 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/dl6ZWeIQN6xAbB3.W4vmoIEL0bldKtY9#884a0: 「二つの帽子をかぶ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/dl6ZWeIQN6xAbB3.W4vmoIEL0bldKtY9#884a0: 今日は、 少々古い書 続きを読む
  • ひいらぎ: 雑記に重複についての 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/dl6ZWeIQN6xAbB3.W4vmoIEL0bldKtY9#884a0: 今日は、 診断を巡る 続きを読む
  • ひいらぎ: ひめまるさん、おひさ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/CiyiRrxvWYqt86ezo3xiNSSHdXsceo0-#0907d: おひさしぶりです。ひ 続きを読む
  • ひいらぎ: ええ、僕もレタスも、 続きを読む
  • ケイ(品川)@禁煙中: レタスも大根もおいし 続きを読む

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10