ヤマアラシのジレンマ

Das Dilemma der Stachelschweine - 「心の家路」のブログ

ジョー&チャーリー BBスタディ・ミーティング

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

聴いて、読んで、話して、肌で感じて学ぶ
平安で、幸せで、自由な人生はいつでも誰でも手にすることができます

ビル.W、Dr.ボブ、そして100人の男と女たちはビッグ・ブックで我々に何を伝えたかったのか? その明確なメッセージが1980~90年代にジョー&チャーリーの二人によって生き生きとよみがえりました。二人はすでに他界いたしましたが、幸いなことに、ジョー&チャーリーの二人が運んだ貴重なメッセージが音声として残されています。つまり、そうしようと思えば、今でも誰でもジョー&チャーリーからビッグ・ブックを学ぶことができます。

どなたでも参加いただけるオープンミーティングです。分かち合いミーティングではなく、

聴いて、読んで、話して、肌で感じて学ぶ
平安で、幸せで、自由な人生はいつでも誰でも手にすることができます

ビル.W、Dr.ボブ、そして100人の男と女たちはビッグ・ブックで我々に何を伝えたかったのか? その明確なメッセージが1980~90年代にジョー&チャーリーの二人によって生き生きとよみがえりました。二人はすでに他界いたしましたが、幸いなことに、ジョー&チャーリーの二人が運んだ貴重なメッセージが音声として残されています。つまり、そうしようと思えば、今でも誰でもジョー&チャーリーからビッグ・ブックを学ぶことができます。

どなたでも参加いただけるオープンミーティングです。分かち合いミーティングではなく、英文と日本語の両方の台本の助けを得ながらジョー&チャーリーの語りから学ぶ場で、質疑応答、ディスカッション等のクロス・トークありのスタディ・ミーティングです。疑問があれば、それをその場の誰かの助けによって解消していける場にできたら良いと考えます。そのような場で学びたい方はどなたでも歓迎します。

①英文台本を併用した音声の聴き取り(20分)、
②日本語台本の輪読(35分)とディスカッション(15分)、
③2回目の英文台本を併用した聴き取り(20 分)

が1セッションで、合計36セッションを予定しています。

各回で使用する英文と日本語の台本はそのつど参加者に配布します。全体を系統的に理解するためになるべく通して参加することを推奨します。
参加の申し込みや予約は不要です。当日、会場に直接お越しください。

アノニマス・ネームによる参加者の確認はそのつど行いますが、会員名簿は作成しません。会費は徴収しませんが、機材、会場費及び資料代としてお一人200 円/回程度を献金箱に献金していただけると助かります。

場所は越谷市南越谷公民館「パレット」。武蔵野線南越谷駅/東武スカイツリー線新越谷駅西口から徒歩5分程度。新越谷駅西口駅前通りを川口信用金庫方面へ(かわしんの反対側の歩道が少し便利)。2つ目の信号(五差路の交差点)をシーハーツ越谷の広告板の方向に斜め右に入り右側南越谷小学校南門内。2F 会議室C を主に使いますが、変更もあるのでロビー内案内板にて確認ください。グループ名はTGIF(Thank God It's Friday)と表示されます。

開催日は毎週金曜日19:00~20:30 です。(2019 年8 月16 日は休み)6月7日(金)からトライアル(進め方の試行、1回の分量の推定など)を開始していますので、ぜひご参加ください。

お問い合わせ等はアラヤ:yiwawaki@yahoo.co.jp へお願いします。

TGIF_Flyer_v2.jpg

[チラシPDF]

コメントする