駄記事の最近のブログ記事

読めば読むほど:「安曇野」 地名のお話(5)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110903mog00m040013000c.html

 雄大な北アルプスを望む信州・安曇野。NHKの朝の連続テレビ小説「おひさま」の舞台でもあり、清らかな湧き水に恵まれた美しい田園風景が広がる。ところで、安曇の仮名表記は「あずみ」か「あづみ」か--。12年前、松本支局に赴任して間もないころ、取材先の地元農協を「JAあずみ」と書き、同僚記者に誤りを指摘された。正しくは「JAあづみ」で、紙面化を間一髪で免れた苦い経験がある。地元では圧倒的に「あづみ」だ。ところが地名辞典や国語辞典の多くは「あずみ」と表記している。

 安曇の由来は、この地に移住した北九州の豪族・安曇氏にちなむとされ、平成の大合併まで存在した南安曇郡は「みなみあづみぐん」と仮名表記していた。そして誕生した安曇野市も仮名表記は「あづみのし」だ。では、「あずみ」の根拠は何か。これは1946年の内閣告示の「現代かなづかい」で「旧仮名遣いの『づ』は『ず』、『ぢ』は『じ』と書く」としたことを受けたもの。一部で団体など組織名に「あずみ」という表記が存在する。辞典もこの告示を反映させているようだ。

 日常用語ではこの告示は浸透している。「妻」の訓よみは「つま」だが、「稲妻」は「いなずま」だ。そして「うなづく」「つまづく」ではなく、表記の本則は「うなずく」「つまずく」だ。ならば「あずみ」にすべきだったのではと思えてしまう。ところが、この告示は86年に改定され、歴史や文化に深いかかわりをもつものについては「歴史的仮名遣いは尊重される」となった。安曇野市の合併協議会資料によると、この改定などをふまえ歴史的仮名遣いを採用して市名の仮名表記を「あづみの」にしたという。

 「あずみ」か「あづみ」か--。漢字表記では表れてこない疑問。でも、たどってみると日本語の現代仮名遣いの歴史もからんでいて、ちょっと楽しいテーマだった。【校閲グループ・高木健一郎】
Tokyo University of Foreign Language volunteers Arabic, Perusian, Turkish translations of Earthquake emergency manual. If you have some friends who speak those languages, let them know the links as follows:

Arabic translation:
http://nip0.wordpress.com/%D8%A7%D9%84%D9%84%D8%BA%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%B1%D8%A8%D9%8A%D8%A9/

Perusian (farsi) translation:
http://nip0.wordpress.com/farsi/

Turkish (Trukce) translation:
http://nip0.wordpress.com/turkce/

Some Other languages are also available.

(Resources: The MEIS project of the Tokyo University of the Foreign Language)

葛西先生のブログから転載
http://ktkasai.cocolog-nifty.com/figurehead/2011/03/arabic-turkish.html

地震

最初は風邪がぶり返してめまいがしたのかと思いました。低周波の振動で、震度2程度だったでしょうか。

すぐ気象庁の地震情報のページを見ると、宮城県が真っ赤に塗りつぶされています。しかし、遠くの地震だから・・・とそのまま仕事を続けました。

きっと回線輻輳で届かないとは思いつつも、仙台の知人のケータイにメールを打ってみました。

しばらくして本社(神奈川県)に用事があって電話を掛けてみると、予想外に大変な状態のようでした。地震でものが倒れ、壁にヒビが入り、停電。社員全員外に避難して、収まったので戻ってみたらまた余震で揺れたので、電話番を残して残りはまだ外にいる、という話でした。

ケータイにメールがプッシュされて来ないので、いちいち新着メールの問い合わせをしなければならない状態。そんなかで、仙台の知人から無事を伝える返信がありました。

本社で本日定年退職する人の送別会は中止というメールが届きました。可哀想に。いや、それどころか関東でもJR・私鉄とも止まって帰宅難民化しているらしい。

東京のクリニックに受診に行ったスポンシーからは、今日は帰れないとメールが来ました。帰宅難民が溢れそうなので、すぐに宿泊場所を探すようにメールを送りました。

職場にテレビはありませんが、ネット上の親切な人がユーストリームにNHK総合をリレー中継してくれていたので、それを見ていました。画面では津波が田畑を渡り、家屋を押し流し、走っている車を飲み込む・・・寸前で画面が切り替わりました(夜のニュースでは車が飲み込まれるシーンはカットされていましたが)。

東北地方にも知人が何人かいるものの、安否は不明です。関東近辺の知人は、苦労しながら帰宅の途上にあるようです。こちらは、普段通りホームグループのミーティングを済ませてから帰宅。

あちこちの津波の映像、気仙沼の火事の映像などが繰り返し流されています。

「阪神大震災の後のように、心理学や精神医学の関心がPTSDに集まるようになるのかもしれない」

そんな言葉が漏れていました。

これから何にどんな影響が出てくるのだろう・・・。そんなことを考えてばかりいます。
30年前に盗んだ商品の代金、利息も付けて郵送
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-18722620101221魚拓

 [ピッツバーグ 20日 ロイター] 米ペンシルベニア州西部にある家族経営の小売店に、差出人が書かれていない現金入りの封筒が届いた。店を営むリン・グラムリングさんによると、封筒には、25─30年前に盗んだハンマーの代金だと説明した手書きのメモが同封されていたという。

 12月6日付のメモには「間違ったことだと知りつつやってしまった。ハンマー代とその利息として45ドルを同封した。盗みを働き申し訳ない。私は生き方を変えた」などと書かれていた。

 グラムリングさんによると、一家が約50年前に店を営むようになって以降、店頭から商品が無くなったことは多数あったが、代金が戻ってきたのは初めて。「45ドルはハンマーの代金よりかなり多い金額。気前がいい人だ」と話している。

 グラムリングさんは、受け取った45ドルを父親がボランティアとして活動する「救世軍(サルベーション・アーミー)」に寄付したという。

今年もふたご座流星群

国立天文台:ふたご座流星群を観察するには(Q&A)
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101213/observe.html

12月13日・14日の夜とも、真夜中前後に月が沈んで以降(日付が変わって翌日の)明け方までがお勧めの時間帯です。

4等星まで見えるような平均的な空で見るとき、流星が最も多く見える日時に観察できる流星の数は、1時間に15~20個と予想されます。

NPO法人松本CINEMAセレク
http://www.cinema-select.com/

1月9日(日)
◆『アヒルの子』
監督:小野さやか
時間:14:45

場所:松本市中央公民館 Mウイング6階ホール
   変更→まつもと市民芸術館 小ホール



http://ahiru-no-ko.com/

[家族]の中での[いい子]の[私]。
[私]は[わたし]を取り戻すために [家族]を壊す決意をした。

家族を離れ、東京で一人暮らしをしながら専門学校に通う小野さやかは、自らの内面に巣食う生きがたさに悶え苦しんでいた。
自分は価値がない、誰にも愛されていない、必要とされていない、生きる意味がない・・・。
その原因は、彼女が5歳のときに家族の下を離れ、ヤマギシ会の幼年部に1年間預けられたことから端を発する。その1年間を
彼女は家族から「捨てられた」と思い、2度と捨てられないために[いい子]を演じてきた。しかし、彼女は[いい子]であり続け
てきたことが自分自身を苦しめていることを発見し、自らを解放するため自分の内面を縛り付けている「家族」一人一人と対峙
する決意をする。
怒り、憎しみ、悲しさ、寂しさー。全ての感情を家族にぶつけた彼女が行き着く先とは・・・

職場でのビール制限に抗議してスト

カールスバーグの従業員、職場でのビール制限に抗議してスト
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-14745720100409魚拓

 [コペンハーゲン 8日 ロイター] デンマークの大手ビール会社、カールスバーグの倉庫作業員とドライバーら数百人が8日、職場でビールを飲む機会を昼休みだけに限定した会社の決定に抗議し、2日目のストライキを行っている。

 広報担当のJens Bekke氏によると、同社は4月1日に新たな規則を導入。これまでは社内の冷蔵庫に水やソフトドリンクのほかビールも完備されていたが、7日になってすべての冷蔵庫からビールがなくなっていたという。

 Bekke氏は、トラック運転手には昼休み以外に1日3本までビールを飲む権利が以前に与えられており、倉庫作業員も同様の権利を主張してストを行っていると述べた。
 2日目に入ったストには約250人が参加しているという。

ふたご座流星群

アストロアーツ:【特集】2009年ふたご座流星群
http://www.astroarts.co.jp/special/geminids2009/

ふたご座流星群13、14日ピーク 1時間に50個も
http://www.asahi.com/science/update/1211/TKY200912110129.html

ふたご座流星群、13~15日ピーク 師走、駆ける星期待
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091210STXKD031409122009.html

国立天文台:「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20091211/index.html

三大流星群は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群、そして12月のふたご座流星群の三つ。ペルセウス座としぶんぎ座は明け方中心なので、徹夜するか早起きしないと見られず、おまけに1月のしぶんぎ座は年によって当たりはずれが大きくて、クソ寒い中で待ってみても空振りに終わることがあります(なので僕も一度も見られていません)。その点、ふたご座α流星群(α Geminids)は、12月で寒いとはいえ、真夜中になる前でも十分見られるのが助かります。

今年の極大は12月14日の14時。昼間なので、14日の明け方前か、夕方以降夜半までがチャンスになります。ふたご座α流星群は極大ピークが鋭くないため1~2日外しても大丈夫ですが、極大後は急激に減るそうですから、14日がだめな場合には、13日、12日がよいでしょう。月が出ていると流星は見えなくなるのですが、今年は14日の月齢が27とほぼ新月。絶好のコンディションです。

出現数はピークのHRで50程度。つまり一時間に50個なので、およそ一分に一個流れる程度。ただ人間は夜空全体を眺められないので、一人が見上げられる範囲では二分に一個ぐらいになります。(流星群がない状態では一時間に5個程度)。

流星の速度は35Km/s。これはしぶんぎ座の41Km/s、ペルセウス座γの59Km/sに比べてゆっくりです。と言っても時間はせいぜい1秒ぐらいでしょうから、願い事を三回言うには短すぎます。以前は春におとめ座流星群があって、数秒流れる火球も多かったのですが、いまはそういう群はないのかな。

流星を見るのは地面に仰向けになるのが一番です。シートを敷いて、寝袋や毛布を使うとベターです。立って見上げていると首が疲れますし、見える範囲も狭くなります。車の前席からフロントガラス越しってのも、かなり視野が狭くなります。

伝書鳩に完敗

南アの通信会社、データ伝送の速度で伝書鳩に敗北
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-11438220090910

 [ヨハネスブルク 9日 ロイター] 南アフリカで、通信会社大手テルコムのインターネットの遅さにいら立ったIT企業が9日、データカードを伝書鳩の脚に付け送ってみたところ、圧倒的に速く届くことが分かった。

 南ア通信(SAPA)によると、生後11カ月の鳩「ウィンストン」は、ピーターマリッツバーグ近郊にあるオフィスからダーバンまでの80キロを1時間8分で飛び、データをダウンロードする時間を含めても2時間6分57秒だった。

 一方、テルコムを使った伝送では、この間にデータの4%しか送ることができなかった。

 南アフリカでは、インターネットの回線容量が不足している上に、通信料が高額。同国で来年開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)の前に、海底に1万7000キロの光ファイバーケーブルを敷き、アフリカ東部と南部を世界のほかの地域とつなぐプロジェクトが完了すれば、状況は改善されるとみられている。

孝行息子(娘)?

from I HATE MY PARENTS
ihatemyparents2.jpg


ihatemyparents1.jpg

ihatemyparents3.png

提案のはずが・・・

DILBERT

iede.gif

AAの提案(suggestions)も似たようなものです。
提案というより命令ですね。

スポンサーの提案には「ばかげているとしか思えない」ものもあります。しかし、実際スポンサーがばかげた提案をしているのか、提案はまともなのに自分の頭がヘンなのでばかげた提案に聞こえるだけなのか、それはスポンシーにはわからないものです。
スポンシーにとって大切なことは、自分が「ばかげている・ばかげていない」の判断ができない状態にいる、ということを知ることです。

しかし、たいていのスポンシーには、スポンサーはこのボスのように見えるのでしょう。
動物愛護団体、渋谷駅前で「レタスビキニ」で訴え
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-10359720090803

lettuce-bikini.jpg[東京 3日 ロイター] 東京・渋谷の駅前で3日、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」アジア太平洋地域のメンバーらが、食用として動物を殺すことに抗議するキャンペーンを行った。

 メンバーらは、レタスで作られたビキニを着て「地球を守ろう。菜食主義者になろう」と書かれたプラカードなどを掲げて動物愛護を訴えていた。

ロイタージャパンを除けば、日本のメディアからは完全に無視されてしまったようです。

"生菜比基尼"女郎日本街頭宣伝動物保護
http://news.sohu.com/20090803/n265684374.shtml

弱る太陽 活動200年ぶりの低水準

弱る太陽 活動200年ぶりの低水準
http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html

 太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。国立天文台は今月下旬に研究者を集めた検討会を開く。

 太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

 ところが、デンマークの太陽黒点数データセンターによると、黒点の多さを表す「相対数」は08年が2.9で、過去100年で1913年の1.4に次ぐ2番目の少なさだった。今年はさらに減り、4月までの暫定値が1.2と、1810年の0.0以来の低水準に落ち込んだ。

 太陽から放出される陽子などの流れ(太陽風)も07、08年は過去数十年とまったく違う。静穏期の太陽風は遅い風が赤道に、速い風が北極と南極に集まるが、名古屋大太陽地球環境研究所の観測では、07、08年は赤道付近にも速い風が多く現れた。徳丸宗利教授は「太陽の磁場が弱まっている影響だろう」という。この磁場の弱まりも、黒点の減少と関係があるとみられる。

 太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17~18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

 国立天文台の常田佐久教授は「X線や光も弱まっている。今後、再び黒点が増えても、従来のような活発さになると考える太陽研究者は少ない」と話す。(東山正宜)

マウンダー極小期あるいは小氷期(Little Ice Age)の再来でありましょうか。
世紀単位で見れば地球が温暖化していることは間違いありません。しかし、今後数十年あるいは100年ほど寒冷な気候がやってくる可能性は十分あります。
僕が子供の頃は「また氷河期がやってくる」という地球寒冷化説ばかりだったのが、それがあっという間に温暖化の話ばかりに変わりました。また潮目が変わることもあるかもね。

「祈って」事故を招いた罪

緊急措置の代わりに「祈って」事故招いたパイロットに有罪判決
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-37150420090325

事故の原因は燃料計の不具合だけでなく、パニックに陥ったパイロットが非常時の措置として付近の空港に緊急着陸する努力をする代わりに、大声で祈りを捧げたことに責任があると主張していた。
やはり祈るばかりではダメなのでありましょう。

コアラ救出さる

| コメント(2)

オーストラリアの山火事は大変だったようですが、そのさなか両前足に火傷を負ったコアラがボランティアの消防士に救出されるドラマがありました。



同僚の消防士が携帯電話で撮影したビデオ。

一生懸命PETボトルから水を飲み、消防士の手をつかむコアラがかわいいです。
現在このコアラ♀は、同じく山火事から救出されたコアラ♂とともに、火傷の治療を受けているそうです。

Koala love tale provides relief
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/article2227862.ece

最近のコメント

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.10