ヤマアラシのジレンマ

Das Dilemma der Stachelschweine - 「心の家路」のブログ

ジョー&チャーリー BBスタディ・ミーティング

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

聴いて、読んで、話して、肌で感じて学ぶ
平安で、幸せで、自由な人生はいつでも誰でも手にすることができます

ビル.W、Dr.ボブ、そして100人の男と女たちはビッグ・ブックで我々に何を伝えたかったのか? その明確なメッセージが1980~90年代にジョー&チャーリーの二人によって生き生きとよみがえりました。二人はすでに他界いたしましたが、幸いなことに、ジョー&チャーリーの二人が運んだ貴重なメッセージが音声として残されています。つまり、そうしようと思えば、今でも誰でもジョー&チャーリーからビッグ・ブックを学ぶことができます。

どなたでも参加いただけるオープンミーティングです。分かち合いミーティングではなく、

聴いて、読んで、話して、肌で感じて学ぶ
平安で、幸せで、自由な人生はいつでも誰でも手にすることができます

ビル.W、Dr.ボブ、そして100人の男と女たちはビッグ・ブックで我々に何を伝えたかったのか? その明確なメッセージが1980~90年代にジョー&チャーリーの二人によって生き生きとよみがえりました。二人はすでに他界いたしましたが、幸いなことに、ジョー&チャーリーの二人が運んだ貴重なメッセージが音声として残されています。つまり、そうしようと思えば、今でも誰でもジョー&チャーリーからビッグ・ブックを学ぶことができます。

どなたでも参加いただけるオープンミーティングです。分かち合いミーティングではなく、英文と日本語の両方の台本の助けを得ながらジョー&チャーリーの語りから学ぶ場で、質疑応答、ディスカッション等のクロス・トークありのスタディ・ミーティングです。疑問があれば、それをその場の誰かの助けによって解消していける場にできたら良いと考えます。そのような場で学びたい方はどなたでも歓迎します。

①英文台本を併用した音声の聴き取り(20分)、
②日本語台本の輪読(35分)とディスカッション(15分)、
③2回目の英文台本を併用した聴き取り(20 分)

が1セッションで、合計36セッションを予定しています。

各回で使用する英文と日本語の台本はそのつど参加者に配布します。全体を系統的に理解するためになるべく通して参加することを推奨します。
参加の申し込みや予約は不要です。当日、会場に直接お越しください。

アノニマス・ネームによる参加者の確認はそのつど行いますが、会員名簿は作成しません。会費は徴収しませんが、機材、会場費及び資料代としてお一人200 円/回程度を献金箱に献金していただけると助かります。

場所は越谷市南越谷公民館「パレット」。武蔵野線南越谷駅/東武スカイツリー線新越谷駅西口から徒歩5分程度。新越谷駅西口駅前通りを川口信用金庫方面へ(かわしんの反対側の歩道が少し便利)。2つ目の信号(五差路の交差点)をシーハーツ越谷の広告板の方向に斜め右に入り右側南越谷小学校南門内。2F 会議室C を主に使いますが、変更もあるのでロビー内案内板にて確認ください。グループ名はTGIF(Thank God It's Friday)と表示されます。

開催日は毎週金曜日19:00~20:30 です。(2019 年8 月16 日は休み)6月7日(金)からトライアル(進め方の試行、1回の分量の推定など)を開始していますので、ぜひご参加ください。

お問い合わせ等はアラヤ:yiwawaki@yahoo.co.jp へお願いします。

TGIF_Flyer_v2.jpg

[チラシPDF]

[8/17] ビッグブック・スタディ in 東京

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

●「無力」って、どういうことなの?
●ハイヤーパワーって?どう信じればいいの?
●性格上の欠点?短所?それってなに?
●棚卸しがうまくいかないんだけど・・・
●ステップ6・7って、祈ればいいの?
●埋め合わせってなにをするの?
●霊的(スピリチュアル)に生きるってどういうこと?

このような疑問、すぐそばに答えが見つかるかもしれません。今回のセミナーでは、二人のファシリテーターがビッグブックと図を使いながら、12ステップを分かりやすく案内します。

ステップに取り組みたいと思っていても、立ち止まっていませんか?あるいは、新しい視線でステップを見直してみたいと
"どこかで何かのきっかけを探していませんか?"

さぁ、あなたもこのセミナーで、ビッグブックを片手に「新しい出会い」をしてみませんか?

■ご案内■

Big Bookスタディin 東京

日時:2019年8月17日(土)10:00~16:30(開場9:30、昼休憩や小休憩を挟みます)
※おおよそのスタディスケジュールは16:00までとしておりますが、お時間の余裕を持ってご参加下さい。

会場:聖イグナチオ教会 ヨセフホール 東京都千代田区麹町 6-5-1
http://www.ignatius.gr.jp/annai/access.html

アクセス:JR 中央線/東京メトロ 地下鉄 丸の内線・南北線 四ツ谷駅下車(徒歩1分 上智大学手前)

費用:参加費 1,000円

定員:50名

申し込み/お問い合わせ:bbsintokyo@gmail.com

e-mailによる事前のお申込みのみ受付けさせて頂きます。

持ち物:ビッグブックと筆記具をお持ち下さい(ビッグブックの貸し出しはございません)。
昼食は各自でご手配下さい。

主催:Bigbookスタディin東京2019 有志の会

http://bigbook.tokyo/tokyo2019

bbstokyo2019-500.jpg

アメリカのAAミーティングのホワイトボード写真

DSCF5692.JPGアメリカのAAのスタディ・ミーティングで講師役のAAメンバーがホワイトボードに描いたステップ1の説明。Physical Allergy(身体のアレルギー)とMental Obsession(精神の強迫観念)というステップ1を理解する上で重要な二つの概念が解説されています。(写真をクリックすると拡大します)。

ビッグブックでobsessionの使われているページ

p.英語版ページ/日本語版ページ
太字は引用者によるもの

p.xv/xx(20)

the broker had been relieved of his drink obsession by a sudden spiritual experience
彼は突然訪れた霊的な体験によって飲酒への強迫観念から救われたのだった。

p.23/35

There is the obsession that somehow, someday, they will beat the game.
彼らには、何とかして、いつかこの勝負に勝つという強迫観念がある。

p.30/45

The idea that somehow, someday he will control and enjoy his drinking is the great obsession of every abnormal drinker.
何とかなるだろうという考え、いつかは飲むのを楽しむことができるようになるという大きな妄想が、病気の酒飲みに取り憑(つ)いている。

p.151/219

There was an insistent yearning to enjoy life as we once did and a heartbreaking obsession that some new miracle of control would enable us to do it.
でも昔のようなやり方で人生を楽しみたいというあこがれはいつまでも私たちにつきまとい、いつか奇跡が起こって、また昔のように飲めるようになるという、胸も張り裂けんばかりの妄想にいつもとらわれていた。

p.155/226

He had, of course, the familiar alcoholic obsession that few knew of his drinking.
この男もまた、自分の飲酒のことがまだ誰にも知られていないという、アルコホーリクに共通するおなじみの強迫観念を持っていた。

ステップ4

step 4: Made a searching and fearless moral inventory of ourselves.
ステップ4:恐れずに、徹底して、自分自身の棚卸しを行い、それを表に作った

inventory1.gif

Taking commercial inventory is a fact-finding and a fact-facing process. It is an effort to discover the truth about the stock-in-trade.
棚卸しは、事実を把握し、それに正確に向き合おうとする過程であり、在庫品の現状を知るための努力である。

inventory2.gif

二つを一つの表にまとめます。

inventory3.gif