02) ディレンマ

ディレンマ(もしくはジレンマ)というのは、二律背反の事だと思っていたのです。

ところが二律背反の解釈自体が間違っていました。
「こちらを立てれば、あちらが立たず」だと思っていたのです。

命題に矛盾があることが前提

テーゼ(命題):世界には時間における始まりがある。
世界に始まりがないのなら、現在までに無限の時間が過ぎ去ったはず。ところが、今世界があるということは、無限の時間が現在で完結していることを意味す る。しかし完結しないから「無限」なのであって、完結してもらっては困るのである。なので「無限の時間が過ぎる」ということはあり得ないから、世界には始 まりがある。

アンチテーゼ(反命題):世界には始まりがなく時間は無限に続いてきた。
世界に始まりがあったということは、「始まる前」があったということだ。世界が始まる前には何もなかったことになる。しかし何もない無から有が生まれるは ずがなく、始まる前にも何かがあったはずなのだが、何かあっては「始まる前」じゃなくなって困るのである。なので、始まりはなくて無限に続いているのであ る。

始まりがあったりなかったり、無限だったり有限だったり。矛盾するふたつを二律背反と呼んだのだそうであります。

現実にはトレードオフのことを二律背反と呼ぶことが多いような気がします。
・安い製品はよく売れるが、安く作ると質が悪くなる。
・質の高い製品はよく売れるが、質を良くすると高くなる。
というような例です。

さてジレンマですが「両刀論法」というらしいです。
A) 私につきまとうなら、あなたを嫌いになるだろう。
B) 私に近づかないなら、あなたを好きになるはずがない。
C) どっちにしろ、あなたを好きにはなれない。
Aであったとしても、Aの反対のBであったとしても、どちらでもCという論法。

孤独を選んだヤマアラシは凍えて死んでしまうに違いない。かといって身を寄せ合えば傷つけあう。いずれにせよ、ヤマアラシは傷つかずにいられるわけがないではないか。
人と関わり合うなら、傷つく覚悟はしておきなさい、とショーペンハウアーは言いたかったのではないか、と思う次第です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ieji.org/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

Powered by Movable Type 5.04
OpenID対応しています OpenIDについて