01) ヤマアラシのジレンマ

ブログのタイトルを考えていて、いろいろ悩んだのですが、結局本棚に並んでいる少女マンガから取りました(「心の家路」と同じパターンだ)。
作者も同じで遠藤淑子です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459211857X/503-3339744-8057520

「デカンショ、デカンショで半年暮らしぃ♪」
のデカンショは、デカルト・カント・ショーペンハウエル。

そのショーペンハウエルが提示した寓話に「ヤマアラシのジレンマ」があります。

「寒さに震える二匹の山アラシがいて、お互いに暖めあおうと近づけば近づくほど、お互いのトゲで傷つけあう」(遠藤淑子のマンガより)

自立することと、相手と一体であることの矛盾。
人は一人では生きていけない、でも誰かと一緒だと必ず傷つけあってしまう。

一人で生きていくことは出来ない。傷つけあわずに一緒にいることも出来ない。ゆえに、傷つけあって一緒にやっていくしかない。という三段論法。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ieji.org/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

Powered by Movable Type 5.04
OpenID対応しています OpenIDについて