心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


books:study:aca_big_book

ACAテキストの学び

https://shop.adultchildren.org/collections/books/products/aca_fellowship_text-soft_cover

ACA FELLOWSHIP TEXT (SOFTCOVER)
ACA Fellowship Text was written by anonymous ACA members providing guidance on working the 12 Step ACA program leading to recovery from the effects of growing up in an alcoholic or otherwise dysfunctional family. This book is now often referred to as the “Big Red Book”, or “BRB”.
ISBN 978-0-9789797-8-2

"Adult Child"

p.vii

“The concept of Adult Child came from the Alateens who began the Hope for Adult Children of Alcoholics meeting. The original members of our fellowship, who were over eighteen years old, were adults; but as children they grew up in alcoholic homes. Adult Child also means that when confronted, we regress to a stage in our childhood.” ACA History — an interview with Tony A., 1992.

私たちの共同体の初期メンバーは18歳以上の成人であったが、皆がアルコホーリクの家庭で育っていた。また、アダルト・チャイルドは直面したときに、幼少期の段階に退行するということも意味している。

Welcome to ACA

p.xii

The term “adult child” is used to describe adults who grew up in alcoholic or dysfunctional homes and who exhibit identifiable traits that reveal past abuse or neglect. The group includes adults raised in homes without the presence of alcohol or drugs. These ACA members have the trademark presence of abuse, shame, and abandonment found in alcoholic homes.

「アダルトチャイルド」という用語は、アルコホーリクあるいは機能不全の家庭で育ち、過去の虐待あるいはネグレクトを現わす識別可能な特徴を見せる大人を指して使われる言葉である。このグループはアルコールや薬物の存在しない家庭で育った大人も含んでいる。そのようなACAメンバーは、アルコホーリクの家庭に見られる虐待・恥・見捨てられの存在を示す特徴を持っている。

アルコホーリクあるいは機能不全の家庭で育っただけでなく、過去の虐待あるいはネグレクトを現わす識別可能な特徴(ランドリーリストのこと)を見せるという条件があることが重要であるのかも。AAにおけるheavy drinkerとreal alcoholicの違いのように。

Founded in 1978 in New York, ACA began with a group of Alateens. Alateen is a Twelve Step fellowship made up of children and teenagers of alcoholics. The Alateens were mostly 20 years old and wanted something different from what they could expect in another Twelve Step program when they moved up to that program. They were soon joined by a recovering alcoholic known as Tony A., a New York City stockbroker, who would become the primary founder of ACoA/ACA (both are acceptable usage). At the time, Tony was about 50 years old and had grown up in a violent alcoholic home.

ACAは1978年にニューヨークでアラティーンのグループから始まった。アラティーンはアルコホーリクの(親を持つ)子たちのための12ステップグループである。このアラティーン・グループでは、ほとんどのメンバーが20歳に達しており、彼らはもう一つの12ステッププログラム(訳注:アラノン)に移る時期であったが、そこで待っているプログラムとは違う何かを求めていた。その後すぐに、トニー・Aという回復中のアルコホーリクが加わった。彼はニューヨークの株式ブローカーで、彼は後にACoA/ACA(どちらの表記も可)の主要な創始者となった。当時の彼は50歳、暴力のあるアルコホーリクの家庭で育った過去を持っていた。

p.xxxiii

Clinical and medical researchers have measured the causes and effects of growing up in a dysfunctional home and how such trauma continues to affect the adult. Our book offers a medical opinion on this fact in the following pages.

We believe that ACA has the potential to help the suffering adult children of the world on the magnitude that Alcoholics Anonymous brought relief to hopeless alcoholics in the 20th Century…

臨床家や医学の研究者たちが、機能不全の家庭で育つことの原因と結果について、またその心的外傷が成人になった後も影響を与えることについての評価を行ってきた。本書でも以降で医学的な意見を提供する。
私たちは、アルコホーリクス・アノニマスが20世紀において絶望的なアルコホーリクに解放をもたらしたのと同じ規模で、ACAが世界中で苦しんでいるアダルドチルドレンの助けになる可能性を秘めていると信じている。

p.xxxix

Our 30 years of experience has shown that adult children who attend our meetings, work the Twelve Steps, and find a Higher Power experience astonishing improvement in body, mind, and spirit. Ours is one of the few Twelve Step fellowships that embraces the difficult task of trauma work, which can often lead to an exciting journey to the Inner Child or True Self. Along with sponsorship, we encourage informed counseling to help the adult child accomplish the greatest level of emotional healing from an abusive upbringing.

私たちの30年間の経験は、私たちのミーティングに出席し、12ステップを実行し、ハイヤー・パワーを見つけたアダルトチルドレンが、身体・精神・スピリットの驚くべき改善を体験したことを示している。私たちはトラウマ・ワークという困難な役割を引き受けている数少ない12ステップ共同体の一つであるが、そのワークはしばしば「インナー・チャイルド」あるいは「真の自己」へのエキサイティングな旅へと導いてくれる。私たちは、アダルトチャイルドが虐待的な生い立ちからの最大限のレベルでの感情面での癒やしを達成するために、スポンサーシップとともに、情報に基づいたカウンセリングを推奨する。

ACの回復にとっても、ハイヤー・パワーを密得ることは大切。
スポンサーシップだけでなく、職業的カウンセラーも勧めている。→ C16 ACA and Therapy.

Our fellowship includes members who have been diagnosed with addictions, depression, panic disorders, post-traumatic stress disorder, and various dissociative states. Adult children understand dissociation, codependence, obsession, and compulsion like few others. Many of our members have literally been fetched back from the gates of hell by this simple but spiritual program known as Adult Children of Alcoholics.

私たちの共同体には、アディクション、うつ病、パニック障害、心的外傷後ストレス障害、および様々な解離状態と診断されたメンバーが含まれている。他の数少ない人たちと同じく、アダルトチルドレンは、解離、共依存、強迫観念、強迫的欲求を理解する。私たちのメンバーは、アダルトチルドレン・オブ・アルコホーリクスとして知られるシンプルでスピリチュアルなプログラムによって、文字通り地獄の門から連れ戻されたのだ。

p.xiv

The question must be asked: “How does such a diverse group of addicts, codependents, and adult children create a unified fellowship and voice that can attract new members and sustain itself without fragmenting into hundreds of pieces?” One of the main answers lies in identification, the “DNA” of all Twelve Step programs. Adult children of all types identify with one another at the level of abandonment, shame, and abuse like no other group of people in the world. Each day, recovery from the effects of family dysfunction begins somewhere in the world when one adult child sits across from another sharing experience, strength, and hope. We believe that once a recovering adult child meets and shares his or her story with another adult child seeking help, that adult cannot view codependence the same again. This is a potent statement, but our experience shows that it is true.

このような疑問が生じるだろう。「アディクト、共依存症者、アダルトチルドレンという異なった人たちからなるグループが、どのようにして一つの共同体と声を作り上げ、そこに新しいメンバーを惹きつけ、何百もの断片に分裂せずに持続しているのだろうか?」 その主な答えの一つはすべての12ステッププログラムの「DNA」であるアイデンティフィケーション(同一であることの確認)にある。あらゆるタイプのアダルトチルドレンは、見捨てられ・恥・虐待というレベルにおいて、この世界の他の集団の何もまして、もう一人のアダルトチャイルドと自分を同一と見なす。毎日、世界のどこかで、一人のアダルトチャイルドが、もう一人のアダルトチャイルドの向かいに座って、経験と力と希望を分かち合うとき、機能不全家族の影響からの回復が始まっている。私たちは、回復中のアダルトチャイルドが助けを求めるもう一人のアダルトチャイルドと出会って自分のストーリーを分かち合うとき、その人に再び共依存が見られることはないと信じている。これは説得力のある一つの意見に過ぎないが、私たちの経験はこれが真実であることを示している。

p.xv

The proof of identification and ACA unity can be found in ACA meetings and the immediate identification created by the reading of The Laundry List, a list of identifiable traits penned by Tony A. The Laundry List is the basis for The Problem, which is read at the beginning of most ACA meetings.

アイデンティフィケーションとACAの一体性の確かな証拠は、ACAのミーティングで見つけることができる。ランドリーリスト—トニー・Aが執筆した識別可能な特徴のリスト—が朗読されると、たちまちのうちにアイデンティフィケーションが形づくられる。ランドリーリストは「問題」の基礎であり、ほとんどのACAミーティングの始まりで朗読される。

While ACA is similar to other Twelve Step programs, our emphasis on the family system and the Inner Child or True Self sets ACA apart from all other fellowships. In addition to focusing on ourselves through the Twelve Steps, we believe that the family system is open for inspection as well.

ACAは他の12ステッププログラムと似ているが、家族システムや「インナー・チャイルド」、「真の自分」に着目する点が、他の共同体と異なっている。私たちは12ステップを通じて自分自身に焦点を合わせるだけでなく、家族システムも調査の対象であると信じている。

We believe that each of us is born with a True Self that is forced into hiding by dysfunctional parenting. A false self emerges that protects the hidden True Self from harm, but at a heavy price. Without help, the destructive false self is too much for most adult children to separate from.

私たちは、私たち一人ひとりが「真の自己」とともに生まれてきたが、それは機能不全に陥った養育によって隠れることを余儀なくされていると信じている。その隠された「真の自己」を守るために、偽りの自分が表面に現れるが、そのことは高い代償を伴う。ほとんどのアダルトチルドレンにとって、その破壊的な偽りの自己は、助けなしには手放すことができないものだ。

p.xv

ACA holds out hope and acceptance to the hurting adult children of the world, who can “hit a bottom” and reach out for help. Allowing the True Self to emerge in the nurturing atmosphere of ACA is a spiritual experience that awaits any adult child stepping onto the broad highway of ACA recovery.

ACAは、「底をついて」助けを求めることができる、世界中の傷ついたアダルトチルドレンに対し、希望と受容を提供する。ACAの養育的な雰囲気の中で、「真の自己」が表面に現れるのを許すことは、ACAの回復の王道を歩むすべてのアダルトチルドレンを待ち受けている霊的な体験の一つである。

Introduction

p.xviii

Having been a part of the ACA movement since the mid-1970s, it is an honor and thrill to see the development of the ACA Twelve Step community and the potential growth it has as a result of this book. By the time this book is published, 30 years has passed since the naming “adult child.” I can remember seeing The Laundry List in the late 1970s as my professional work was coinciding with the development of this new Twelve Step model. It is my bias that no one deserves to live a life of fear and shame. And it is through the healing of Twelve Step work that today thousands of adult children have found an inner peace. We have stepped outside the shadow of addiction and have choices to how we live our life, versus living a family script.

1970年代半ばからACAムーブメントの一部を担ってきた者として、ACAという12ステップ・コミュニティの発展と、本書の発刊の結果として起こりうる成長を目の当たりにできるのは光栄であり、感動している。「アダルトチャイルド」というネーミングが行われてから、本書が出版される(訳注:2008年刊)までに30年が経過した。私の専門的な仕事とこの新しい12ステップモデルの発展時期が重なっていたこともあり、1970年代終わりにランドリーリストと出会ったことを憶えている。恐れと恥の人生を生きるべき人は誰もいない、というのが私の持つバイアスである。そして、今日、12ステップ・ワークの癒やしによって、何千人ものアダルトチルドレンが内なる平和を見つけている。

While I was busy professionally creating therapy models for young and adult children of alcoholics in the mid and late 1970s, I would also be attending one of the first ACA meetings in southern California on a weekly basis. To say, “Hello, my name is Claudia B. and I am an adult child,” is and was said with pride. It is a statement that holds great meaning for not just how my growing up years would impact me but for the potential of healing and recovery. Being in those rooms with others who had been raised in similar circumstances, I knew there had never been a place more right for me.

私は1970年代半ばから後半にかけて、職業としてアルコホーリクの子供と成人した子供のための治療モデルを作る仕事に精力的に取り組んでいたが、同時にカルフォルニア南部に最初にできたACAミーティングに毎週のように出席していた。「私の名前はクラウディア・Bです。私はアダルトチャイルドです」という言葉は、現在はもちろん、当時も誇りを持って言われていた。それは、私の成長期がどれだけ私に影響を与えていたかだけではなく、癒やしと回復の可能性にも大きな意味を持つ声明なのだ。同じような境遇で育った人たちと一緒の部屋にいるとき、私は自分にとってこれ以上ふさわしい場所は他にはないと思った。

Being in an ACA Twelve Step meeting was being in a place where without speaking I sat with others who genuinely knew me. They knew without judgment and with love how I had felt my entire life. Despite the differences in how our defenses against our pain manifested themselves, we knew we were from the same family system. Rather than to run and hide, to disconnect from each other, to rescue each other, or to control each other, we bore witness to each other’s pain and story. We honored each other with acceptance for where we were, precious children and now adults struggling with what is called our false selves. We learned to project this false self to the world in an attempt to hide our inner thoughts and feelings. The preciousness of the Inner Child was tapping from within, asking and hoping to be heard and acknowledged.

ACAの12ステップのミーティングに参加することは、何も話さなくても本当の私を知っている人たちと一緒に座っている場所にいるということだった。彼らは、私が自分の人生全体をどう感じているかを、評価をすることなく、愛を持って、理解した。私たちの苦痛に対する防御の現れ方には違いがあったにもかかわらず、私たちは同じ家族システムからやってきたことが分かった。逃げたり隠れたり、お互いの関係を断ったり、お互いを救助したり、あるいはお互いにコントロールし合うためではなく、私たちはお互いに苦痛と物語の証言をしあった。私たちは、かつて私たちがいた場所、大切な子供たち、私たちが偽りの自己と呼ぶものと格闘している大人を受け入れ、お互いを讃え合った。私たちは自分の内面の考えや感情を隠そうとして、この偽りの自己を世界中に投影することを学んでしまった。この「インナーチャイルド」の貴重なもの(考えや感情)は、内から叩き、聞いてもらうこと、認めてもらうことを求め、願っていたのである。

p.xix

Since those early years I have witnessed the struggle and decline of meetings and now a resurgence of ACA. Never during that time would I question the validity of the naming, or the framework of understanding what it meant to be an adult child from an alcoholic or otherwise dysfunctional household. This book will openly discuss how ACA has met growing pains and survived.

そうした初期におけるミーティングの苦闘と衰退、そして現在のACAの復活を、私は目の当たりにしてきた。その間、私はその命名の妥当性や、アルコホーリクやその他の機能不全家庭から成人した子供であることが何を意味するかを理解する枠組みについて、疑問を持ったことは一度もない。本書は、ACAがどのように成長痛に対処し、生き残ってきたかについてオープンに述べている。

In addition to honoring its founders, this book will present the structure of the program beginning with The Laundry List, the 14 characteristics that define the traits from which we need to heal. Other pillars of this structure can be found in chapters titled “How It Works” and “Becoming Your Own Loving Parent.” Ultimately, this text delineates the foundation of how the Twelve Steps offer an incredible path that will give the adult child choices, versus living a generational family script. In working the Twelve Steps, the reader has the opportunity to be free from carried pain and shame. This book will allow you to be accountable for choices you make as well. It will truly move you from a place of reactor to actor in life. As said in many Twelve Step programs, “It works if you work it.”

本書では、その創始者を讃えるとともに、私たちが癒す必要のある14の特性を定義したランドリーリストで始まるプログラムの構造を提示する。この構造の他の柱は、「どのように効果があるのか」と「あなた自身の愛なる親になる」の章にある。詰まるところ、本書は12ステップが、どのようにしてアダルトチャイルドに、世代を超えた家族の筋書きを生きるのとは対極的な、信じられないほど素晴らしい道という選択肢を提供してくれるのかを大まかに明らかにしてくれる。

books/study/aca_big_book.txt · 最終更新: 2020/11/05 by ragi